拡張現実の活用を主流とする機能

機能

TeamViewer Pilot はただのビデオ電話ではありません。現場の技術者や顧客の視野にあるものをそのまま見ることを可能にする、拡張現実を活用したリモートサポートソリューションです。描画、テキストの追加、現実のオブジェクトへ 3D マーカーでタグ付けすることで、効率よく問題を解決していくことが可能です。

主な特徴

TeamViewer Pilot は、お客様のニーズやフィードバックによって、これらの新機能とアップデートをお客様と共有することができました。

3D アノテーション

Pilot を使用すると、専門家は現場の技術者がスマートフォンのカメラやスマートグラスを通して見ているものを見ることができます。その後、高度な 3D オブジェクトトラッキングを使用して、ディスプレイに矢印、メモ、ハイライトで「マーク」することができ、ユーザーは専門家の指示に沿って簡単に作業することができます。そして、カメラが離れても、メモは実世界のオブジェクトへ貼りついた状態を維持します。

高度なオブジェクトトラッキング

TeamViewer Pilot は、Apple の ARKit と Google の ARCore という 2 つのプラットフォームの上に構築されています。実際、Pilot は Apple の新型  iPad Pro に搭載された新しい LiDAR スキャナを最初に採用したアプリの一つです。通常は自動運転車で使用されるこの技術は、Pilot の物体追跡機能の強化に用いられています。表面、物体、カメラからの距離をより正確に認識します。

スマートグラスサポート

新しいテクノロジーであるスマートグラスは、製造現場や工場、サービスコールで当たり前のように使われるようになりました。Pilot は、Epson、RealWear、Vuzix のスマートグラスやウェアラブルヘッドセットにシームレスに統合することができます。この機能により技術者はハンズフリーとなり、顧客のサポートに必要な作業を不自由なく行うことができます。

ファイルの送受信

Pilot セッションでサポートを提供する人は、その分野の専門家である傾向があります。しかし、時には技術者がマニュアル、図、その他のファイルを作業中に参照したいこともあります。

Pilot では、ボタンクリックだけでファイルをリモートから送信することができます。リアルタイムでファイルを共同で参照することもでき、文書に沿って正確に問題を解決するのに役立ちます。

セッションの記録

Pilot セッションの録画を必要とする多くの理由があります。例えば、品質保証のため、あるいは実例を活用したよりリアルな研修プログラムを作成するためといったことが考えられます。専門家側から Pilot セッションを録画し、ビデオファイルを作成することが可能です。すぐにどのコンピュータからでも再生することができます。

光学式文字認識 (OCR)

TeamViewer Pilot には、OCR (光学式文字認識) が搭載されました。機械、工具、機器に印刷された文字を認識する機能があります。それらの認識された文字は、通常のカット & ペースト機能を使用することができます。顧客や技術者が1文字を読み間違えて、サポートが不十分になったり、人為的なミスで誤った部品を注文したりすることはもうありません。

SMS によるセッションへの招待

Pilot セッションに相手を招待するのがさらに簡単になりました。リモートの専門家は、ユニークなセッションコードと招待リンクを作成し、標準メッセージング(SMS)プロトコルを介して支援を必要とする人に送信することができます。相手はリンクをクリックしてアプリをインストールし、セッションに参加するだけです。

シームレスなセッションリクエスト

QR コードは 拡張現実の支援プロセスを最適化しています。現場の作業員がスマートフォンで QR コードをスキャンするだけで、設定されたグループからリモートの専門家にセッションをリクエストできるようになりました。

セキュリティ

すべてのリモートセッションは、SOC2、HIPAA/HITECH、ISO/IEC 27001、ISO 9001:2015、GDPR に準拠した AES-256 ビットのエンドツーエンド暗号化されています。

リアルタイムで情報共有

Pilot セッションの進行中に、リモートの専門家は当社の正確な情報共有ツールにワンクリックでアクセスし、手元のデスクトップから現場のユーザーへと簡単にリアルタイムであらゆる情報を共有できます。

TeamViewer Pilot について詳しく

年 1 回のお支払い

指名ユーザーライセンス – 1名の TeamViewer パイロット リモートエキスパートごとに月額課金

TeamViewer Pilot を始める方法

null
コンピュータまたはモバイルデバイスに TeamViewer をダウンロードしてインストールします。今すぐ TeamViewer をダウンロードします。
null
サポートを要請している相手に、Android または iOS 用の TeamViewer Pilot アプリをインストールしてもらいます。
null
サポート要請者の TeamViewer ID (TeamViewer Pilot アプリに表示されています) を TeamViewer パートナー ID フィールドに入力し、接続を行います。

TeamViewer Pilot プランについて

null
Android と iOS 用のTeamViewer Pilot アプリは無料ですが、TeamViewer デスクトップまたはモバイルクライアントでサポートを提供するには、ライセンスが必要です。
null
TeamViewer Pilot サブスクリプションプランは、指名ユーザーライセンスで利用可能で、他のTeamViewer サブスクリプションからは独立しています (つまり、TeamViewer Pilot を使用するには TeamViewer ライセンスは不要です)。指名ユーザーライセンスでは、必要な人数に合わせて (リモートエキスパート) ライセンスを購入することができます。ユーザーは、1 度に 1 つのセッションでのみサポートを行えます。
null
購入すると、ユーザーライセンスが有効化されたデバイスに紐づけされ、他のデバイスでは使用できません。デバイスの変更が必要なときは ご連絡ください。

快適な接続を

質問やその他の情報をお望みですか ?

詳細をお伝えください。すぐに連絡を差し上げます。

さらにご希望ですか? お得な情報の最新ニュース:弊社ニュースレター!