TeamViewer ウェビナーソフトウェアで次回のウェビナーを開催する

ウェビナーは世界中の多くの人々に情報を届ける優れた方法です。インターナショナルなチームをトレーニングするために、または重要な顧客へプレゼンするために、ウェビナーソフトウェアは不可欠なコミュニケーションツールです。TeamViewer を使用することで、かつてよりもウェビナーの開催と参加が容易になります。

プライバシーポリシー

2.0 0 億以上

接続されたデバイス数

4,000 万以上

一日のセッション数

> 500,00

満足している顧客の数

> 2

アクティブユーザー数

TeamViewer が優れたウェビナーソフトウェアソリューションである理由

TeamViewer for IT Admins

TeamViewer は、最先端のリモート接続ソリューションです。一方で、ウェビナーのためにも最適なツールとなっています。TeamViewer はコラボレーションツールと統合されており、個人でも大企業でも、世界中に散らばる参加者とカンファレンスや会議を行うことができます。

TeamViewer は柔軟性とセキュリティに焦点をあてており、ウェビナーの開催と参加のための信頼できる方法です。TeamViewer のウェビナー会議ソフトウェアに含まれる チャット機能 と Web カメラ機能、およびマイクを簡単にミュート/ミュート解除する機能により、ウェビナーでのコミュニケーションが容易になります。HD 品質の音声とビデオのストリーミング性能により、プレゼンテーションのメッセージを妨げるようなイライラする遅れに対処する必要がありません。

プレゼンターは、非常に柔軟性の高い画面共有を使用できます。プレゼンテーション画面で共有するウィンドウを選択し、TeamViewer ウィジェットの画面共有プレビューで共有内容を簡単に確認できます。ユーザーはボタンクリックでコンピューターの音声と音楽を共有することもできます。

TeamViewer のホワイドボード機能を使用すれば、画面上に描画することや、プレゼンの一部を強調すること、さらなるインストラクションを提供することが、簡単にできます。ファイル共有についても同様です。ファイルボックスへドラッグ&ドロップするだけで、ウェビナーの資料を参加者が利用できるようになります。

ライブでウェビナーに参加できなかった人のために、TeamViewer のソフトウェアにはセッションの録画機能があります。TeamViewer を使用すると、最大 300 人まで参加できるウェビナーを開催できます。しかし、プレゼンテーションがリーチできる人数について、まったく限界はありません。付属のウェビナー録画ソフトウェアを使用して、録画して圧縮すればよいからです。

TeamViewer ウェビナーソフトウェア 機能の概要:

TeamViewer for IT Supporter
  • 統合チャット機能
  • Web カメラ機能
  • マイクロフォンとカメラの容易な制御
  • HD 画質のビデオストリーミング
  • HD 品質の VoIP 通話
  • 共有するウィンドウと音声の制御
  • 画面共有プレビュー
  • 容易な画面共有の一時停止と再開
  • ホワイトボード機能
  • ドラッグ&ドロップによる簡単なファイル共有
  • 最大 300 人まで参加できるウェビナーの開催
  • 統合されたウェビナー録画ソフトウェア
  • 非営利目的の場合は無料

ウェビナーとは?

ウェビナーとはオンラインで開催する会議もしくはカンファレンスのことです。対面での会議と同様に、開催者と任意の数の参加者がいます。ウェビナーにはさまざまな形態があります。例えば、パネルディスカッションやプレゼンテーション、ワークショップなどです。通常、参加者はそれぞれのコンピューターから参加しますが、時にはスマートフォンから参加する場合もあります。

ウェビナーソリューション

TeamViewer が優れたウェビナーソフトウェアソリューションである理由

TeamViewer for IT Admins

TeamViewer は、最先端のリモート接続ソリューションです。一方で、ウェビナーのためにも最適なツールとなっています。TeamViewer はコラボレーションツールと統合されており、個人でも大企業でも、世界中に散らばる参加者とカンファレンスや会議を行うことができます。

TeamViewer は柔軟性とセキュリティに焦点をあてており、ウェビナーの開催と参加のための信頼できる方法です。TeamViewer のウェビナー会議ソフトウェアに含まれる チャット機能 と Web カメラ機能、およびマイクを簡単にミュート/ミュート解除する機能により、ウェビナーでのコミュニケーションが容易になります。HD 品質の音声とビデオのストリーミング性能により、プレゼンテーションのメッセージを妨げるようなイライラする遅れに対処する必要がありません。

プレゼンターは、非常に柔軟性の高い画面共有を使用できます。プレゼンテーション画面で共有するウィンドウを選択し、TeamViewer ウィジェットの画面共有プレビューで共有内容を簡単に確認できます。ユーザーはボタンクリックでコンピューターの音声と音楽を共有することもできます。

TeamViewer のホワイドボード機能を使用すれば、画面上に描画することや、プレゼンの一部を強調すること、さらなるインストラクションを提供することが、簡単にできます。ファイル共有についても同様です。ファイルボックスへドラッグ&ドロップするだけで、ウェビナーの資料を参加者が利用できるようになります。

ライブでウェビナーに参加できなかった人のために、TeamViewer のソフトウェアにはセッションの録画機能があります。TeamViewer を使用すると、最大 300 人まで参加できるウェビナーを開催できます。しかし、プレゼンテーションがリーチできる人数について、まったく限界はありません。付属のウェビナー録画ソフトウェアを使用して、録画して圧縮すればよいからです。

機能

TeamViewer ウェビナーソフトウェア 機能の概要:

TeamViewer for IT Supporter
  • 統合チャット機能
  • Web カメラ機能
  • マイクロフォンとカメラの容易な制御
  • HD 画質のビデオストリーミング
  • HD 品質の VoIP 通話
  • 共有するウィンドウと音声の制御
  • 画面共有プレビュー
  • 容易な画面共有の一時停止と再開
  • ホワイトボード機能
  • ドラッグ&ドロップによる簡単なファイル共有
  • 最大 300 人まで参加できるウェビナーの開催
  • 統合されたウェビナー録画ソフトウェア
  • 非営利目的の場合は無料
ウェビナーとは?

ウェビナーとは?

ウェビナーとはオンラインで開催する会議もしくはカンファレンスのことです。対面での会議と同様に、開催者と任意の数の参加者がいます。ウェビナーにはさまざまな形態があります。例えば、パネルディスカッションやプレゼンテーション、ワークショップなどです。通常、参加者はそれぞれのコンピューターから参加しますが、時にはスマートフォンから参加する場合もあります。

TeamViewer を試してみませんか?

プライバシーポリシー

TeamViewer でウェビナーを開催する方法

TeamViewer を使用すると、ウェビナーの開始、参加者の招待、プレゼンテーションを簡単に行えます。以下がその手順です:

  1. TeamViewer で、左にある「会議」をクリックします。
  2. 「プレゼンテーション」をクリックします。
  3. ユニークの会議 ID が発行されます。これを、電子メールにコピー&ペーストすれば参加者と簡単にシェアできます。ウェビナーに参加者を追加する別の方法は、ID の隣にある「招待」アイコンをクリックすることです。これにより、他の人に共有できる招待リンクが記された電子メールのテンプレートが表示されます。
  4. 参加者は、この会議 ID を適切なフィールドに入力するだけで、ウェビナーに参加できます。
  5. 共有したい画面の領域を選択して、マイクがオンになっていることを確認したら、プレゼンテーションを始めます。

TeamViewer のウェビナーソフトウェア (非営利目的の場合は無料 ) についてより詳しく知りたい場合は、こちらのガイドをご覧ください。

Want more? Exclusive deals, the latest news: Our Newsletter!