TeamViewer IoT
for Remote Operations

IoT エンドポイントを遠隔で集中管理し、現場人員のコストを削減し、日々の業務効率を向上させます。

 

遠隔操作を導入する理由

遠隔操作によって、各地のエンドポイントの制御、監視、管理をどこからでも行えます。
エンドポイントの設定変更を遠隔で行い、状態をリアルタイムで調査することが可能になり、現場訪問の手間を省きます。

IoT Remote Operations がビジネスにもたらす価値

 

IoT エンドポイントの確認や設定変更を遠隔で行うことで現場訪問の手間を省き、現場人件費を削減します。

 

設定、パラメータ、および属性を遠隔から制御することで、機械が最適なパフォーマンスで動作し、エンドポイントの損傷リスクを軽減します。

 

利点

TeamViewer IoT がどのように役立つか

TeamViewer は、使いやすく、安全で拡張性の高い IoT ソリューションにより、企業の分散型デバイスに安全な遠隔操作を迅速に設定できるよう支援します。

 

null

今すぐ開始

TeamViewer IoT は、エンドポイントへすぐにインストールできます。複雑な VPN 設定は不要です。業務に支障をきたすことはありません。TeamViewer IoT スターターキットによって、多額の先行投資を必要とせずに、小規模にコンセプトをテストすることができます。

 

null

IoT ソリューションの柔軟な連携とカスタマイズ

最も広く利用されているプロトコルと互換性がある TeamViewer IoT は、 TeamViewer SDK および即利用可能な API により、簡単に多くのサードパーティのプラットフォームと連携します。

 

null

データの保護

TeamViewer IoT for Remote Operations に搭載されたエンドツーエンドの暗号化による最高クラスのセキュリティスタンダードによって、誰も (TeamViewer でさえも) 暗号化されたデータストリームを読み取ることができません。

 

null

予測可能な価格体系による利点

TeamViewer は、もっとも一般的な IoT ユースケースに対して、予測可能なエンドポイントベースのシンプルな価格モデルを提供しています。

 

産業用アプリケーション

IoT Remote Operations は分野をまたいでどのように利用されているか?

装置、機械、デバイスといったエンドポイントは、今日あらゆる産業で用いられており、一般的にはコストのかかる現場での管理が必要とされています。しかし、遠隔で機械の操作と監視が行えることで、そのコストが大きく削減されるようになりました。

 

製造業

生産設備を遠隔で操作することで工場のダウンタイムを短縮し、従業員の生産性を高めます。

さらに詳しく

ビルインフラ

冷暖房、照明機器用のシステム等のデバイス設定を変更し、デジタルサイネージを遠隔で管理することで、手作業の手間を省き、エネルギーのコストを減らし、リソースを節約します。

さらに詳しく

公益事業、再生可能エネルギー

あらゆる地域に分散され、遠く離れていても、再生可能エネルギーの装置 (風力発電や太陽光パネルなど) のパフォーマンスを集中的に評価して、最適な機能を発揮できるようにします。

さらに詳しく

物流運送

必要な貨物船のヘルスチェックの大半を移動中に実施し、よりコスト効率の高い方法でメンテナンスのフィールドサービスをスケジュールします。

さらに詳しく

TeamViewer IoT for Remote Operations の詳細

当社のソリューション概要をお読みいただき、多様な産業があらゆるレベルでビジネスを最適化、自動化、成長させるための戦略的な取り組みの一環として、 IoT ソリューションを優先している理由をご確認ください。

 

 

さらにご希望ですか? お得な情報の最新ニュース:弊社ニュースレター!