機能のスポットライト  リモートデバイスコントロール

まるで目の前にいるかのようにして、インターネット接続されたあらゆるデバイスをリモートコントロールしましょう

リモートサーバー、デジタルキオスク、農業機器や製造用器材、コンピュータ、携帯電話やスマートフォン、IoTデバイスのいずれであっても、すべてを対面で直接管理・維持することは、常に最も実現可能またはコスト効率の高井アプローチというわけではありません。 小型センサを含むシステム、マシン、IoTデバイスに接続する必要がある場合にTeamViewer IoTがあれば、インターネットに接続されたデバイスに安全に接続して、プライマリユーザーであるかのように遠隔操作できます。

一度に複数の場所に存在しているかのように行動できます。 TeamViewer IoTにログインして、システムプラットフォームに接続し、コントロールし、デバイス、機器、またはマシンを管理するだけで、まるで機械の目の前に座っているかのように行動できます。

企業のIT技術者は、TeamViewer IoTにログインして、インターネットに接続されたIoTデバイスをリモートでコントロールし、システムの更新、バグの修正、ファイルの転送、情報へのアクセスや抽出などを単一の安全なアプリケーションからリモートで行うことができます。 すべてのデータは伝送中または安置時に暗号化されるため、遠隔アクセスセッションが安全、確実、高速であることを認識しながら安心することができます。

機能を有効にする

TeamViewer IoT:リモートデバイスコントロール

Windows、Mac、Linuxとのクロスプラットフォームの互換性により、TeamViewer IoTにログインすると、コンピュータだけでなくiPhone、Android、Windows Phoneなどご自分に都合の良い場所から、インターネット接続されたあらゆるデバイスを管理し、コントロールすることができます。

仕組み

  1. 承認されたコンピュータ、マシン、デバイス、無人サーバーやその他の機器に数秒で接続
  2. システム、データ、ファイル、アプリケーションにアクセス
  3. 機器、システム、マシン、コンピュータ、スマートフォン、IoTデバイスを、自分で直接扱うプライマリユーザーのようにコントロール

TeamViewer IoTの詳細

当社のソリューションにより、お客さまはいつでもどこでもIoT環境および端末を遠隔で制御、監視できるようになります

プライバシーポリシー