事業の継続性を維持するために

TeamViewerのバックアップ

TeamViewerバックアップ – 信頼できる、管理されたエンドポイントデータの保護と復元

リモートバックアップと復元

集中管理されたクラウドバックアップ

TeamViewer バックアップは、シンプルで手間いらず、そして信頼性の高いエンドポイントデータ保護を提供します。デプロイと有効化はリモートで数秒内におこなわれ、あなたとあなたの顧客のデータは最高基準のセキュリティのもとで、クラウドに保存されます。災害の場合でもデータが安全に保管されていることを確認して安心し、時間や場所に関わらずリモートから復元することができます。

  • 上限のない帯域幅でのアップロードとダウンロード
  • 柔軟なデータ保存期間
  • 個別のバックアップポリシー

機能

TeamViewer バックアップが提供するもの

services-bu-restore

リモートリストア

全体または特定のファイルをリモートでバックアップし、復元します ! TeamViewer バックアップでは、TeamViewer バックアップダッシュボードから直接、任意のバックアップを復元できます。バックアップの復元は元のデバイス、新しいデバイスに行え、さらにローカルのマシンへのダウンロードも可能です。あなたがいる場所に関係なく、データは常に利用可能です。TeamViewer バックアップはまた、ファイルレベルでバックアップを確認して復元を実行することもできます。
null

簡単なデプロイとリモートアクティベーション

インフラの規模によっては、新しいソフトウェアソリューションの展開はデスク間の移動を伴う面倒な作業になることも多く、異なる場所への移動が必要なことさえもあります。TeamViewer バックアップを使用すると、すぐに新しいバックアップソリューションを稼働させることができます ! TeamViewer バックアップは既存の TeamViewer インフラで完璧に動作します。自分のデスクを離れることなく、ほんの数クリックだけで 1 分とかからずにバックアップを実行できます !
null

クラウドバックアップ

デスクトップからクラウドへデータは安全に保存され、いつでもどこでも利用可能です。自社サーバーのアップグレードを心配する必要はありません。スケーラブルなクラウドバックアップソリューションのすべての恩恵を受けることができます。TeamViewer バックアップは、信頼性の高い Amazon Web Services (AWS) のインフラ上で構築されており、最高レベルのセキュリティが確保されています。AWS のテクノロジーを活用することで、バックアップは常に高いレベルの可用性を持ち、復元の準備も整っています。
null

自動 Deduplication (重複排除機能)

ファイルレベルの自動 Deduplication (重複排除機能) で迅速かつ効率的なバックアップ – TeamViewer バックアップは前回のバックアップサイクルからどのファイルが変更されたかを自動で認識し、変更されたデータのみを転送します。
null

直感的なインターフェイス

すべてを管理する単一のダッシュボード – TeamViewer マネジメントコンソールの TeamViewer リモートマネジメントダッシュボードからあらゆるデバイスを確認し集中管理します。どこからでもブラウザベースのダッシュボードでバックアップの状況を確認でき、ポリシーの変更、新しいバックアップの設定、バックアップの復元、その他の作業を行えます。
null

瞬時の警告と通知

インターネットの停止やユーザーがシステムの電源を落とすなど、バックアッププロセスの妨げとなるイベントがあります。TeamViewer バックアップは、TeamViewer 環境でバックアップが失敗すると、お客様またはスタッフの方にすぐにメールで警告を送ります。TeamViewer マネジメントコンソールにログインすれば、すべての管理デバイスのバックアップ状況をチェックでき、正常に稼働していることを確認できます。

カスタムポリシー

顧客またはエンドユーザーごとの異なるニーズに対応するために、個別のバックアップポリシーを定義します

null

ファイルの選択と除外

デバイス内のすべてのファイルをバックアップする必要はほとんどありません。そこで TeamViewer バックアップには、より最適なバックアップパフォーマンスを得るためにバックアップ対象となるファイルを指定できるオプションがあります。バックアップの対象を狭めることで、バックアップを完了するために必要な時間を減らすことができます。さらに、ストレージスペースも節約できます。

null

バックアップのサイクルとスケジュール

ビジネスの継続性は重要です。 TeamViewer バックアップによりサービスレベル合意書 (SLA) を履行し易くなります。バックアップが周期的に自動で行なわれるようにセットアップし、目標となる復元ポイント (RPO) が 30 分以内となるように設定しましょう。週の特定の日における特定の時間にバックアップが実行されるようにスケジュールを立ててください。

null

帯域幅とスロットル (流量の制御) の調整

支障のない最適なパフォーマンス – オフィス環境からのアップストリームが詰まると困りませんか?最大の帯域幅と時間帯にによって流量を制御することで、バックアップサーバーに送信されるトラフィックのスループットを制限します。それだけで、バックアップ処理はユーザーにまったく影響を与えることなく完了します。

teamviewer secure cloud backup

安全なバックアップ

妥協をせずに最高レベルのセキュリティを提供します。

弊社では保存されたデータのセキュリティ確保に真剣に取り組んでいます。最高のセキュリティ基準を維持することは弊社の最優先事項です。クライアントとバックアップサーバーの間のすべての通信は、安全な暗号化チャネルによって行われます。

  • クライアント側では、軍用規格レベルの 256-AES による暗号化で転送前のデータを保護
  • SSL 暗号化によるエンドツーエンドのデータ転送
  • 256-AES で暗号化された Amazon AWS S3 サーバーでのデータ保存
  • データセンターの所在地:
    • ヨーロッパ、中東、アフリカ : フランクフルト、パリ、ロンドン、ダブリン、ストックホルム
    • 北米 : バージニア (アメリカ)、モントリオール (カナダ)
    • 日本を含むアジア、オセアニア : シドニー、東京、ムンバイ、ソウル、シンガポール
  • ISO/IEC 27001: 2005 情報セキュリティ管理システムなどの認証
  • データストレージの冗長性

こちらから弊社のセキュリティ基準についての詳細をご覧ください。

関連ドキュメント

TeamViewer バックアップに関する追加資料のダウンロード

情報シート

1 枚に概要をまとめた TeamViewer バックアップの情報シートをダウンロードし、TeamViewer バックアップの最も重要な情報をご確認ください。

技術仕様

TeamViewer バックアップの技術仕様ファクトシートをダウンロードして、技術仕様の概要をご確認ください。

リモートクラウドバックアップを始めましょう

今すぐTeamViewer バックアップを有効化!

TeamViewer バックアップの 14 日間無料体験を開始します。

その他詳細などについて、質問はありますか?

このフォームにご入力いただければ、数日内に弊社より連絡いたします。

さらにご希望ですか? お得な情報の最新ニュース:弊社ニュースレター!