TeamViewer Remote Managementの起動方法

3つのステップで簡単に始められます

以下の手順に添って、ぜひ一度TeamViewer Remote Management無料版をお試しください。

null

はじめに、TeamViewer Remote Managementを実行する各デバイスにTeamViewerをダウンロードし、インストールします。

TeamViewerの詳細情報を知る
個人情報保護方針
null

TeamViewerアカウントを作成し、各デバイスをコンピュータ&パートナーリストへ登録します。

null

登録したデバイス名を右クリックすると表示される、“起動“ボタンをクリックすればTeamViewer Remote Managementを使用するための設定が完了です

ヒント: TeamViewer Management Cosoleからデバイスを一括して追加することもできます。 TeamViewerアカウントを使ってログインするだけです。

TeamViewer Remote Managementの最初のステップ

background-addendpoints

TeamViewer Remote Managementを使用したいすべてのコンピュータをエンドポイントとして追加する必要があります。エンドポイントの追加とTeamViewer Remote Managementの有効化は、TeamViewer Remote Managementダッシュボードからリモートで実行できます。

  1. [デバイスの追加]をクリックします。
  2. 各デバイスでTeamViewer Remote Managementサービスを選択します。
  3. [次へ]をクリックして各デバイスにポリシーを選択します
  4. 有効化をクリックします。


TeamViewer Remote Managementで、カスタムポリシーを定義してチェックまたはスキャンを実行します。それには、TeamViewer Remote Managementダッシュボードから…

  1. Click the Wrench icon at the top.
  2. Click on Add policy at the bottom.
  3. Add any scans (TeamViewer Endpoint Protection), any checks (TeamViewer Monitoring), or any backup cycles (TeamViewer Backup).
  4. 作成されたポリシーを使用中のデバイスに割り当てます。


何かがまちがっています! TeamViewer Remote Managementは、 TeamViewer Monitoringチェックが失敗するか、またはTeamViewer Endpoint Protection対策が脅威を検出するとすぐに通知します。移動中でもEメール通知を受け取れるようにセットアップします。TeamViewer Remote Managementダッシュボードから…

  1. ポリシータブをクリックして通知を受け取りたいポリシーを選択します。
  2. TeamViewer Endpoint Protection対策で、[通知の管理]をクリックして電子メールアドレスを追加するか、ユーザーを選択します。TeamViewer Monitoringで、各ポリシーを選択した後、通知を受け取りたいチェックをクリックしてユーザーを選択するか、電子メールアドレスを追加してください。