倉庫業の未来がハンズフリーになる理由

常に変化する物流の世界

グローバリゼーションの進展と e コマースの台頭は、サプライチェーン全体が根本的に変化していることを意味しています。急速なグローバル化によって、ほとんどの会社は物流の活動を外注するようになりました。Fortune 500 企業の 80% 以上、Fortune 100 企業の 96% 以上は、いずれかの物流業者を利用して物流を外注しています。

物流業者にとり、その需要の高まりは大きなプレッシャーとなっています。従来の倉庫業務だけでなく、生産・製造サポートなどの付加価値サービスについても、顧客からの期待が高まっているからです。

Handelsblatt Research Institute との共同調査では、物流における課題への取り組みについて、意思決定者の方々に伺いました。増加を続ける時間とコストのプレッシャーを解消するのがデジタル化です。ただし、それは個々の倉庫の状況に合ったソリューションでなければ効果を発揮しません。そのために役立つのが、TeamViewer の産業向け拡張現実ソリューションです。

倉庫の課題解決に取り組む拡張現実

フルフィルメントのスケジュールが厳しくなり、利幅は縮小し、競合も増えています。倉庫業はプロセスやトレーニングの合理化と人材の確保のためのプレッシャーにさらされています。拡張現実 (AR) ソリューションは次のように、スマートグラスやその他のウェアラブルデバイスを使用してサポートを行います。

  • 現場作業者を視覚的な方法でトレーニングし、指導します。
  • ハンズフリーの操作によって生産性が向上します。
  • バックエンドと統合して、効率性を最大化します。

TeamViewer Frontline

TeamViewer Frontline は、生産性ソリューション プラットフォームに完全統合されています。特に、倉庫業務において依然として主流である手作業の効率を高める際に役立ちます。詳しくは、続きをお読みください。

ビジョンピッキング – 使いやすく導入しやすいゲームチェンジャー

  • エラー率を改善し、競争力を高めます。
  • イレギュラーと問題をリアルタイムで解決します。
  • 倉庫業務をリアルタイムに把握します。
  • 手戻りを減らし、顧客満足度を高めます。
  • スタッフの増強と知識の伝達を加速化します。
  • 倉庫のインフラを変更する必要はありません。
荷物の積み下ろし
荷受け
ピッキングと梱包
棚卸
キッティング
出荷と返品

AR でオペレーターの能力を高め、注文処理を変革する

スマートグラスやウェアラブル デバイスを通じて提供される視覚情報や、直感的な音声コマンドで、21 世紀のハンズフリー作業環境を実現します。ピッキングはより人間工学的になりミスも減ることが、現場のユーザーにおける高い受容性によって証明されています。ゲーミフィケーションなどの追加機能によりさらに体験は向上します。倉庫は楽しい職場となり、モチベーションとスタッフ定着率の向上につながります。

ビジョンピッキングの機能

  1. 場所、数量、写真などの商品の情報は、オペレーターが装着するスマートグラスのディスプレイに表示されます。
  2. ダイナミックハイライトは、ピッキングするアイテムの数量など、次に行うアクションを示します。外部スキャナー、内蔵カメラまたは音声コマンドにより、アクションを簡単に確認することができます。
  3. 問題やイレギュラーが生じた場合は、作業の各ステップの特別な処理オプションが、即座に解決をサポートします。
  4. 注文が終了すると、次の注文が自動的にシステムから引き出され、実行できるようになります。

最強コンビ

ローカルの Wi-Fi と接続されたこのソリューションは継続的に倉庫管理システムとデータの交換を行い、リアルタイムの注文変更やキャンセルを可能にします。また、作業者の接続を常に保てるようにします。

業界標準のスキャナーやその他の確認済みデバイスと組み合わせることで、Frontline のビジョンピッキング ソリューションは最適化された倉庫業務体験とパフォーマンスを保証します。

Frontline のビジョンピッキング ソリューション xPick には、すぐに使えるソフトウェアを簡単に追加できます。付加価値サービスを含む、複数のユースケースのオペレーションをさらに合理化することができます。

Frontline は自社の倉庫業務にも適したプラットフォームですか ?

複数の現場やユースケースへの導入や拡張が容易なソリューションをお探しであれば、Frontline をお選びください。続けてお読みください。Frontline の利点がビジュアルピッキング ソリューションに留まらないことがわかります。

トレーニング

「百聞は一見に如かず」といいます。それは、Frontline にもあてはまります。Frontline では、静的なオンボーディングが視覚を利用するトレーニングへと変化します。熟練したオペレーターに何日も付きまとう必要はありません。研修生はスマートグラスを装着すれば、ステップ バイ ステップの指示を受けることができます。オーダーピッキングのような従来からの倉庫業務だけでなく、事前組み立て(付加価値サービス)、倉庫設備の複雑なメンテナンス手順の学習など、より細かい作業もカバーします。オン ザ ジョブのデジタルガイダンスに加え、経験豊かな同僚にいつでも助けを求めることができます。これは、新しいスタッフの完全なサポートと、企業のリソース投資の節約につながります。

修理とメンテナンス

Frontline で行えることは主要な倉庫業務だけではありません。メンテナンスとリモートサポートのための包括的なソリューションにより、設備の点検、トラブルシューティングがこれまで以上に容易になりました。アナログの指示をインタラクティブなデジタルガイダンスに変換する、文書化機能が直接統合したデジタルソリューションが、現場の技術者をサポートします。外部の専門家の助けが必要なときは、Frontline のリモートアシスト ソリューションに切り替えることができます。待ち時間や生産性を犠牲にせず、いつでもどこでもサポートを得ることができます。

DHL サプライチェーンはビジョンピッキングを世界標準に

DHL サプライチェーンは、グローバルな AR のパイロットプロジェクトに成功した後、ビジョンピッキングを世界中の倉庫へとさらに展開し、業界に新たなオーダーピッキングの標準を確立しました。スマートグラスは、アイテムの位置やカートのどこに置くべきかといった情報とともに、オーダーピッキングの指示を視覚的に表示します。それにより、紙の指示書は不要となり、ピッカーはより効率的かつ快適に作業できるようになりました。Frontline が企業にとって重要な理由は次のとおりです。

  • ユーザーフレンドリーで直感的な操作
  • 業界向けソリューションとしての成熟と信頼性
  • 迅速な実装と、簡単な拡張

拡張現実 (AR) ソリューションによる倉庫業務の改善

Frontline は、倉庫と物流業界の企業が、ハンズフリーの作業や、バックエンド システムとのリアルタイム通信によって、プロセスを最適化するのに役立ちます。

お問い合わせいただきありがとうございます。

すぐに折り返し連絡いたします。

さらにご希望ですか? お得な情報の最新ニュース:弊社ニュースレター!