クラス最高の AR ソリューションでフィールドサービス チームを強化

解決までの時間を減らし、ROI を向上

Frontline はウェアラブル コンピュータと拡張現実を組み合わせることで、現場のチームがよりスマートに作業できるツールを提供します。いつでも素晴らしい顧客サービスを提供できます。

業界の課題の克服

フィールドサービスでは、たった 1 つのミスが、顧客満足度へ大きな影響を与えます。一方で、熟練した作業者を現場へ派遣すると、ROI を悪化させる可能性があります。

しかし、Frontline の AR 技術を使用すれば、世界中のチームをつなぐことができます。現場の作業者は、スマートデバイスを利用して一人称の視点を遠隔地の同僚と共有し、サポート、トレーニングセッション、検査、立会いなどの共同作業をすべて遠隔で行うことができます。

現場作業者がよりスマートに働くために必要なツール

ベテランの現場作業者はより手早く作業をこなすことができ、新入社員は業務に必要な情報にデジタルでアクセスすることで、一人前になるまでの時間を短縮することができます。Frontline をスマートグラスやモバイルデバイスと組み合わせることで、現場の作業者はメンテナンス手順、仕様書、マニュアル、チェックリスト、検査などを直接目視することができます。

かつてない顧客サービスの提供

Frontline の “See-What-I-See (同じものを見る)” ビデオコラボレーション技術によって、初回修理完了率 (FTFR)を向上させ、問題解決にかかる時間を数日から数分に短縮することができます。

また、Frontline を利用することで、顧客が喜ぶ革新的なサービスモデルを容易に考案することができます。

Frontline xAssist で何ができますか ?

  • 現場の作業者は遠隔地の同僚と接続し、一人称視点を共有することができます。
  • 通話中、参加者はカメラをリモートコントロールできます。写真の撮影や画面の共有を行い、アノテーションをライブで追加して指示や支援を行います。
  • コールログは、Frontline ダッシュボードに保存されるため、レポート作成も容易です。

Frontline を選ぶ理由は ?

世界のトップ企業が Frontline を信頼し、ミッションクリティカルなアプリケーションを現場のチームに提供しています。

ケーススタディ : スマートグラスと Frontline ですべての情報を視界に入れた リープヘル社
リープヘル社が開発した建設機械には大量のセンサーが搭載され、建機の状態に関する重要なデータを操縦者に提供しています。そのデータは従来、建機のコントローラーのみに集約されて表示されていました。そのため、クレーンの操縦者は常に建機のコントロールシステムを見下ろしながら、同時に荷重やその配分、状況全体にも注意を払わなければいけませんでした。このような課題は、スマートグラスを通じて不可欠なセンサー情報が作業者の視野に提供される、革新的な可視化技術によって克服されました。 これによりクレーン操縦者は、ツールや周囲の環境と完全に集中できるようになり、大きな利点を得ることができました。短期間のトレーニングが終わると、従業員は建機の重要なパラメータが明確に表示される、可視化の恩恵を受けることができます。
ケーススタディ : 拡張現実を利用してコストを削減し、従業員満足度を向上させた Kemper 社
Frontline のリモートサポートを利用して、Kemper は溶接排煙システムの問題をより迅速に解決できるようになりました。これにより、ファーストクラスのサービス提供とコスト削減が実現しました。出張の必要が減ったことにより、Kemper のサービスはより環境にやさしくなり、整備士のワークライフバランスも向上しました。

AR ソリューションによる現場作業の改善

Frontline は、あらゆる業界の現場作業者が、目の前のタスクをタイムリーに検知し、解決するために必要なリアルタイムの情報や業務上重要な知識に接続できるよう、支援しています。

お問い合わせいただきありがとうございます。

すぐに折り返し連絡いたします。

さらにご希望ですか? お得な情報の最新ニュース:弊社ニュースレター!