妨げの無いリモート接続を実現する Wake on LAN (WoL)

WoL ツールを使用して世界中のどこからでもデバイスを起動できます。スマートフォンまたはタブレットからでも可能です。個人使用は無料です。

プライバシーポリシー

20 0億以上

接続されたデバイス数

4,000 万以上

一日のセッション数

> 500,000

満足している顧客の数

> 2

アクティブユーザー数

Wake on LAN ソフトウェアの役割とその仕組み

TeamViewer WOLを使用してラップトップをリモートでオンにする若い女性

Wake on LAN により、世界中のどこからでも、リモートでコンピュータを起動できます。現場に人がいる必要はありません。顧客にテクニカルサポートを提供している場合も、会社のITシステムを管理している場合でも、自由度の高いこの機能によってよりスムーズにビジネスのサービスを提供できます。重要な更新の実装には時間がかかる可能性があり、通常業務を大幅に混乱させかねません。しかし、WoL ツールを使用すれば、いつもで都合の良いときにマシンにログインでき、従業員のワークフローを中断させることがありません。そしてマシンの利用が少ないときに重要な更新を実行すれば良いのです。システム内で問題が発生した場合は、Wake-on-LAN によって PC をリモートで起動し、手遅れになる前にすぐに問題に対処できます。

Wake on LAN は、クライアントからリモートデバイスに対してマジックパケットと呼ばれる呼ばれる特殊なパケットを送信することでその仕組みが実現されています。これらのパケットは、ネットワークカードの MAC (Media Access Control ) アドレス を使用し、起動させたいコンピュータを見つけ出します。インターネット上で Wake-on-LAN を操作するための唯一の要件は、リモートデバイスが電源に接続され、ネットワークケーブルが繋がっていることです。つまり、最新のほとんどの PC は、低電力や電源オフの状態でもパケットの到着を警告するイーサネットカードを搭載できます。明記されていなくても、ほとんどの PC が Wake on LAN をサポートしています。

Windows 10 用の Wake on LAN ツール による強力なリモート接続

ラップトップモバイルタブレット用のTeamViewer WOLリモートデスクトップ

任意の場所にあるデバイスをオンにできる TeamViewer の機能は、IT 管理者、リモートワーカー、技術サポートスタッフの誰にとっても便利な機能です。リモートデスクトップ機能機能と組み合わせると、WoL はさらに強力になります。無人デバイスへ無制限にアクセスできるだけでなく、それらへ完全に没入して制御することも可能になります。このオールインワンサービスによって、日々の業務の中断を最小限に抑えながらも、最高レベルのテクニカルサポートを提供できます。この強力な組み合わせにより、IT エキスパートはボタンのタッチまたはスマートフォンのアプリからでもリモートデバイスを制御できます。

Wake on LAN は、Windows、Windows 10、macOS、Linux デバイスのTeamViewer で使用できる相互互換のプロトコルプロトコルです。 この汎用性のため、WoL によって提供されるテクニカルサポートには一貫性があります。顧客やクライアントによって OS が異なっていても問題ありません。初期設定はお使いの OS によって、少しだけ異なります。しかし、いずれの場合でもほんの少しのシンプルなステップのみで開始できます。さらに、TeamViewer ではスマートフォンまたはタブレットからリモートでコンピュータを起動できます。そのため、外出先で忙しいスケジュールの中にあっても、接続を妨げられることはありません。

現代のビジネスにおける Wake on LAN の利点

TeamViewer Wake on Lanがコンピューターをリモートでオンにすることを応援

Wake on LAN は、企業に優れた柔軟性と安心を提供します。リモートコンピューターが突然スリープモードに入ってしまっても、いつでもまた接続できるためまったく焦ることはありません。これは、プロジェクトは予定通りに進行し、不測の事態が減ることを意味します。さらに、Wake-on-LAN ユーティリティによって大幅なコスト削減が実現します。素早くマシンの電源をオンまたはオフにできるため、使用していないときはコンピューターを完全にシャットダウンでき、大幅に電気代を節約できます。

ネットワーク上のすべてのデバイスの WoL の設定は、TeamViewer でで一元管理できるため処理を簡単に実行できます。Wake-on-LAN はまた、タスクを完遂するために必要な人員の削減にもつながります。接続先のコンピューターは完全に無人化できます。現場であなたのためにデバイスを操作するスタッフは必要ないのです。

仕組み

Wake on LAN ソフトウェアの役割とその仕組み

TeamViewer WOLを使用してラップトップをリモートでオンにする若い女性

Wake on LAN により、世界中のどこからでも、リモートでコンピュータを起動できます。現場に人がいる必要はありません。顧客にテクニカルサポートを提供している場合も、会社のITシステムを管理している場合でも、自由度の高いこの機能によってよりスムーズにビジネスのサービスを提供できます。重要な更新の実装には時間がかかる可能性があり、通常業務を大幅に混乱させかねません。しかし、WoL ツールを使用すれば、いつもで都合の良いときにマシンにログインでき、従業員のワークフローを中断させることがありません。そしてマシンの利用が少ないときに重要な更新を実行すれば良いのです。システム内で問題が発生した場合は、Wake-on-LAN によって PC をリモートで起動し、手遅れになる前にすぐに問題に対処できます。

Wake on LAN は、クライアントからリモートデバイスに対してマジックパケットと呼ばれる呼ばれる特殊なパケットを送信することでその仕組みが実現されています。これらのパケットは、ネットワークカードの MAC (Media Access Control ) アドレス を使用し、起動させたいコンピュータを見つけ出します。インターネット上で Wake-on-LAN を操作するための唯一の要件は、リモートデバイスが電源に接続され、ネットワークケーブルが繋がっていることです。つまり、最新のほとんどの PC は、低電力や電源オフの状態でもパケットの到着を警告するイーサネットカードを搭載できます。明記されていなくても、ほとんどの PC が Wake on LAN をサポートしています。

強力なリモート接続

Windows 10 用の Wake on LAN ツール による強力なリモート接続

ラップトップモバイルタブレット用のTeamViewer WOLリモートデスクトップ

任意の場所にあるデバイスをオンにできる TeamViewer の機能は、IT 管理者、リモートワーカー、技術サポートスタッフの誰にとっても便利な機能です。リモートデスクトップ機能機能と組み合わせると、WoL はさらに強力になります。無人デバイスへ無制限にアクセスできるだけでなく、それらへ完全に没入して制御することも可能になります。このオールインワンサービスによって、日々の業務の中断を最小限に抑えながらも、最高レベルのテクニカルサポートを提供できます。この強力な組み合わせにより、IT エキスパートはボタンのタッチまたはスマートフォンのアプリからでもリモートデバイスを制御できます。

Wake on LAN は、Windows、Windows 10、macOS、Linux デバイスのTeamViewer で使用できる相互互換のプロトコルプロトコルです。 この汎用性のため、WoL によって提供されるテクニカルサポートには一貫性があります。顧客やクライアントによって OS が異なっていても問題ありません。初期設定はお使いの OS によって、少しだけ異なります。しかし、いずれの場合でもほんの少しのシンプルなステップのみで開始できます。さらに、TeamViewer ではスマートフォンまたはタブレットからリモートでコンピュータを起動できます。そのため、外出先で忙しいスケジュールの中にあっても、接続を妨げられることはありません。

利点

現代のビジネスにおける Wake on LAN の利点

TeamViewer Wake on Lanがコンピューターをリモートでオンにすることを応援

Wake on LAN は、企業に優れた柔軟性と安心を提供します。リモートコンピューターが突然スリープモードに入ってしまっても、いつでもまた接続できるためまったく焦ることはありません。これは、プロジェクトは予定通りに進行し、不測の事態が減ることを意味します。さらに、Wake-on-LAN ユーティリティによって大幅なコスト削減が実現します。素早くマシンの電源をオンまたはオフにできるため、使用していないときはコンピューターを完全にシャットダウンでき、大幅に電気代を節約できます。

ネットワーク上のすべてのデバイスの WoL の設定は、TeamViewer でで一元管理できるため処理を簡単に実行できます。Wake-on-LAN はまた、タスクを完遂するために必要な人員の削減にもつながります。接続先のコンピューターは完全に無人化できます。現場であなたのためにデバイスを操作するスタッフは必要ないのです。

TeamViewer を信頼する企業

TeamViewer を試してみませんか?

プライバシーポリシー

Wake-on-LAN ソフトウェアを使用する主な利点

Lan WOLでTeamViewer Wakeを使用して自宅で作業する男性

コストの削減

電源が入って稼働することを保証するために現場でスタッフが機械を監視する必要がないため、輸送および人件費が削減されます。さらに、使用するデバイスのみをオンにすれば、電気代が節約されます。

作業の合理化

自宅でオフィスのコンピューターからファイルを転送する場合でも、リモートコンピューターで重要な更新を実行する必要がある場合でも、Wake-on-LAN は理想的なソリューションです。

プライバシー

TeamViewer は、リモート PC の画面を黒くするオプションなどの高度なセキュリティ機能を備えています。誰もあなたが何をしているかを見ることができません。また、変更をリモート PC ユーザーに通知する付箋機能も提供します。

Wake-on-LAN を使用するには?

TeamViewer の Wake-on-LAN 機能は、電源オフまたはスリープモードのコンピューターを起動することができます。これは、同じネットワーク内またはパブリックアドレスを介して実行できます。最初の方法の設定作業はシンプルです。ネットワークに接続された別のデバイスから起動するために、ターゲットコンピューターのハードウェアを構成し、TeamViewer を構成します。2 つ目の方法では、ターゲットコンピューターのハードウェアを構成し、ルーターのポートフォワーディングを構成し、そして TeamViewer を Wake-on-LAN を使用するために構成する必要があります。タブレットまたはスマートフォンを介して行うことも可能です。

Wake-on-LAN が使用するポートは?

Wake-on-LAN は、UDP (User Datagram Protocol) ポートを使用します。多くのユーティリティはポート 7 または 9 を使用しますが、WoL には任意のポートを使用できます。UDP ポートは、ルーターの背後にあるすべての IP アドレスに転送する必要があります。特定の IP アドレスに転送することはできません。コンピューターを起動させるには、Wake-on-LAN パケットをルーターの背後にあるすべてのデバイスに送信しなければいけません。WoL パケットの情報が一致した場合にのみ、そのデバイスが起動します。

Wake-on-LAN の利点は?

TeamViewer の Wake-on-LAN 機能では、ターゲットデバイスの電源状態のオンとオフにかかわらずリモートでアクセスし、デバイスを制御できます。これは、デバイスとリソースへの年中無休のアクセスを可能にする優れた柔軟性を提供するだけでなく、使用していないときにデバイスをオフにできるため、エネルギー効率を向上させることもできます。このように、TeamViewer はリモート作業と IT サポートを包括的な方法でサポートします。

さらにご希望ですか? お得な情報の最新ニュース:弊社ニュースレター!