TeamViewer で在宅ワークするための 5 ステップガイド

ステップ 1 : コンピューターに TeamViewer をセットアップします

作業用のコンピューターに :

作業用のコンピューターに TeamViewer をインストールし、アカウントを作成します。そして、リモートコントロールタブで直接簡易アクセスを設定します。セキュリティを強化するために、プロフィールの設定で 2 要素認証を有効化することを推奨します。

自宅用のコンピューターに :

自宅のコンピューターに TeamViewer をインストールし、TeamViewer アカウントでログインします。作業用のコンピューターで簡易アクセスが有効化されていれば、コンピュータ&パートナーの一覧から 1 クリックで接続できます。

ステップ 2 : リモートデバイスをコントロール

オフィスのコンピュータを使用するためにリモートでログインします。リモートでキーボードとマウスを操作して、その場にいるかのように会社のファイルやアプリケーションにアクセスして使用します。

複数のモニターのあるコンピューターへの接続は ? 問題ありません。簡単にモニターを切り替えて使用できます。自宅で同数以上のモニターを使用している場合は、1対1 でのミラーリングも可能です。

ステップ 3 : ブラックスクリーンを有効化

作業内容を見られたくない場合は ? ブラックスクリーン* を有効化することで、リモートの操作画面を黒くすることができます。リモートコンピュータの入力を無効にするため、誰もあなたのセッションを引き継ぐことはありません。

TeamViewer ツールバーで「ブラックスクリーンを表示」を選択するか、コンピュータ&パートナーの一覧からデバイスバイスのプロパティを開き、永続的に有効化します。

*この機能は、ライセンスユーザーのみが利用できます。

ステップ 4 : ファイル転送の使用

リモートコンピュータから自宅のコンピュータにあらゆるサイズのファイルを簡単に転送し、同僚や協力者と共有することができます。転送は暗号化され、高速で直接 (ピアツーピア) 、巨大なファイルを素早く安全に送信できます。

4 つのファイル転送方法 :

  1. TeamViewer リモートコントロールタブから直接ファイルを転送
  2. リモートコントロールセッション中にファイルをドラッグ&ドロップ
  3. リモートコントロールセッション中のツールバーからオープンファイル転送を使用
  4. コンピュータ&パートナーの一覧から相手を選択して、直接ファイルを転送

ステップ 5 : リモート印刷

お使いのデバイスが、WindowsかmacOS かにかかわらず、ファイルを転送せずに、ホームオフィスのプリンタでリモートの書類を印刷します。

ローカルコンピュータで使用しているプリンタ (ネットワークプリンタを含む) にアクセスできます。詳細オプションメニューから TeamViewer プリンタドライバをインストールします。ローカルのプリンタに “TeamViewer” のラベルがつき、印刷ダイアログに表示されるようになります。

さらにご希望ですか? お得な情報の最新ニュース:弊社ニュースレター!