TeamViewer の Ubimax Frontline ソリューション

拡張現実によるワークフローで現場の作業を強化します

AR が導くワークフローで、デスクから離れた現場作業者のプロセスのデジタル化と合理化を実現します。ウェアラブルおよびモバイルデバイスとシームレスに統合され、生産性、効率性を高めるとともに、バリューチェーン全体の質も高めます。

TeamViewer の Ubimax Frontline AR ワークフローソリューション

スマートなデジタルワークフロー。スマートなハンズフリーのウェアラブルデバイス。スマートな作業の実施。

xPick

ロジスティクスとオーダーピッキング

xMake

組立、製造、品質アセスメント

xInspect

メンテナンス、サービス、検査

TeamViewer の Ubimax Frontline をご覧ください。IT を纏って作業します

動画を視聴

現場がスムーズになる極めて導入しやすいデジタルワークフロー

ロジスティクスを効率化するための視覚によるピッキングソリューション

xPick

倉庫や物流の管理者として、あなたは倉庫をより生産的で効率的なものにしたいと考えています。しかし、倉庫のオーダーピッカーはいまだにハンディスキャナー、紙、デジタルリストを使用して、アイテムの場所を探し、ピッキングを行っています。そのプロセスは、時間がかかるうえに、混乱や誤りを招きがちです。

もし、35% も作業スピードが改善し、初めてでも、何回やってもオーダーに正確に対応できるならどうでしょうか ?

そこで、拡張現実を使用する視覚によるピッキングソリューションの xPick の出番です。xPick は、ステップバイステップの手順と状況に応じた情報を現場作業者のスマートグラスに表示します。作業者は実際の作業のために両手を自由に使うことができます。

  • 不正確なピッキングやアイテムの置き間違えを無くし、エラー率を大きく減少させます。
  • ガイド付きのデジタルワークフローで、従業員のオンボーディングを加速させ、オンザジョブトレーニングを提供します。
  • 繰り返しのタスクをより効率的かつ正確に、そして人間工学に即して行うことで、従業員の体験が向上します。
  • JDA、Manhattan、MES といった既存の倉庫管理システムと完全に統合し、必要に合わせたカスタムのワークフローを作成します。

ロジスティクスを効率化するための視覚によるピッキングソリューション

xPick

倉庫や物流の管理者として、あなたは倉庫をより生産的で効率的なものにしたいと考えています。しかし、倉庫のオーダーピッカーはいまだにハンディスキャナー、紙、デジタルリストを使用して、アイテムの場所を探し、ピッキングを行っています。そのプロセスは、時間がかかるうえに、混乱や誤りを招きがちです。

もし、35% も作業スピードが改善し、初めてでも、何回やってもオーダーに正確に対応できるならどうでしょうか ?

そこで、拡張現実を使用する視覚によるピッキングソリューションの xPick の出番です。xPick は、ステップバイステップの手順と状況に応じた情報を現場作業者のスマートグラスに表示します。作業者は実際の作業のために両手を自由に使うことができます。

  • 不正確なピッキングやアイテムの置き間違えを無くし、エラー率を大きく減少させます。
  • ガイド付きのデジタルワークフローで、従業員のオンボーディングを加速させ、オンザジョブトレーニングを提供します。
  • 繰り返しのタスクをより効率的かつ正確に、そして人間工学に即して行うことで、従業員の体験が向上します。
  • JDA、Manhattan、MES といった既存の倉庫管理システムと完全に統合し、必要に合わせたカスタムのワークフローを作成します。

ガイド付きの組立ラインと生産ワークフローを実現する、視覚による生産ソリューション

xMake

生産のスーバーバイザーまたは組立ラインの責任者であるあなたは、ライン後の手戻りを避け、生産の効率と品質を継続的に向上させたいと考えています。しかし、従業員の離職率の高さ、工場での季節労働、作業者のスキル不足等の問題点があり、生産目標の達成のために、常に新しい組立工の採用とトレーニングを続けることに苦労しています。

では、これらの問題に対処しながらも厳しい納期に対応し、最善の品質を維持するにはどうすればよいのでしょうか ?

答えは簡単です。当社の視覚による生産ソリューションである xMake をご使用ください。xMake は、スマートグラスを通じて分かりやすい視覚的なワークフローを提供します。作業者が組立ラインのどこにいても、ステップバイステップの指示を彼らの視野に表示します。それにより、現場の作業者は手順を確認するために立ち止まってマニュアルや紙の指示書を読む必要が無くなります。

  • ウェアラブルまたはモバイルデバイスの視覚的で標準化されたワークフローにより、混乱とプロセスの複雑化を省くことができます。
  • 継続的なオンザジョブトレーニングによって、従業員の能力強化にかかる時間を減らします。
  • 完了したタスクの自動センサー確認により、必要な文書化プロセスを簡素化します。
  • 統合された品質保証により、エラー率と手戻りを減らします。

ガイド付きの組立ラインと生産ワークフローを実現する、視覚による生産ソリューション

xMake

生産のスーバーバイザーまたは組立ラインの責任者であるあなたは、ライン後の手戻りを避け、生産の効率と品質を継続的に向上させたいと考えています。しかし、従業員の離職率の高さ、工場での季節労働、作業者のスキル不足等の問題点があり、生産目標の達成のために、常に新しい組立工の採用とトレーニングを続けることに苦労しています。

では、これらの問題に対処しながらも厳しい納期に対応し、最善の品質を維持するにはどうすればよいのでしょうか ?

答えは簡単です。当社の視覚による生産ソリューションである xMake をご使用ください。xMake は、スマートグラスを通じて分かりやすい視覚的なワークフローを提供します。作業者が組立ラインのどこにいても、ステップバイステップの指示を彼らの視野に表示します。それにより、現場の作業者は手順を確認するために立ち止まってマニュアルや紙の指示書を読む必要が無くなります。

  • ウェアラブルまたはモバイルデバイスの視覚的で標準化されたワークフローにより、混乱とプロセスの複雑化を省くことができます。
  • 継続的なオンザジョブトレーニングによって、従業員の能力強化にかかる時間を減らします。
  • 完了したタスクの自動センサー確認により、必要な文書化プロセスを簡素化します。
  • 統合された品質保証により、エラー率と手戻りを減らします。

メンテナンスと検査ワークフローのデジタル化を実現する、視覚による検査ソリューション

xInspect

メンテナンスまたは検査技術者であるあなたは、あらゆるメンテナンス作業や検査済み部品による膨大な管理負荷に直面しています。データの手入力や文書化の作業によって作業のスピードは落ち、ワークフローのプロセスや思考の流れは中断されます。

しかし、41% も管理負荷の時間を減らす方法があります。

方法は?xInspect は、スマートグラスで仮想的な指示書、マニュアル、ビデオ、およびワークフローのステップを見ることができる視覚による検査ソリューションです。検査とメンテナンス作業のために両手を自由に使うことができます。音声コマンドによる確認、写真、ビデオによって簡単にメンテナンスチェックと検査を文書化します。これらはすべてスマートグラスによってキャプチャされ、コンプライアンス、報告、サービスの証明のためにすぐに利用できます。

  • ガイド付きのステップバイステップの指示と検査手順をスマートグラスに表示することで、機械のダウンタイムを減らし、知識の伝達を加速させます。
  • 両手が自由に使えるウェアラブルデバイスの利用によって作業現場での安全性が向上します。危険な環境では、保護手袋を装着したままタスクや検査を実施することができます。
  • スマートグラスで検査とタスクを自動的にデジタルで文書化することによって、管理文書作成にかかる手作業のプロセスを省きます。
  • SAP などの既存の ERP システムとの統合により、文書化の信頼性と正確性を高めます。

メンテナンスと検査ワークフローのデジタル化を実現する、視覚による検査ソリューション

xInspect

メンテナンスまたは検査技術者であるあなたは、あらゆるメンテナンス作業や検査済み部品による膨大な管理負荷に直面しています。データの手入力や文書化の作業によって作業のスピードは落ち、ワークフローのプロセスや思考の流れは中断されます。

しかし、41% も管理負荷の時間を減らす方法があります。

方法は?xInspect は、スマートグラスで仮想的な指示書、マニュアル、ビデオ、およびワークフローのステップを見ることができる視覚による検査ソリューションです。検査とメンテナンス作業のために両手を自由に使うことができます。音声コマンドによる確認、写真、ビデオによって簡単にメンテナンスチェックと検査を文書化します。これらはすべてスマートグラスによってキャプチャされ、コンプライアンス、報告、サービスの証明のためにすぐに利用できます。

  • ガイド付きのステップバイステップの指示と検査手順をスマートグラスに表示することで、機械のダウンタイムを減らし、知識の伝達を加速させます。
  • 両手が自由に使えるウェアラブルデバイスの利用によって作業現場での安全性が向上します。危険な環境では、保護手袋を装着したままタスクや検査を実施することができます。
  • スマートグラスで検査とタスクを自動的にデジタルで文書化することによって、管理文書作成にかかる手作業のプロセスを省きます。
  • SAP などの既存の ERP システムとの統合により、文書化の信頼性と正確性を高めます。

拡張現実を使用して現場の作業をデジタル化

モバイルワーカー向けに完全に統合された、世界初の拡張現実 (AR) プラットフォームである TeamViewer の Ubimax Frontline は、真のデジタル化された産業用ワークスペースです。プロセスの簡易化、エラー率の最小化、高品質なアウトプットの確保を実現し、バリューチェーン全体の生産性を向上させます。

null

カスタムフローの作成

ドラッグ&ドロップによる視覚的なアプリケーション作成ツールで、独自の AR ワークフローを数分で作成し、カスタマイズします。コーディング、開発、サードパーティのサービスは不要です。

null

従業員体験の向上

より正確な作業を実施できるスマートグラスを通じて、カスタマイズ可能なガイド付きのワークフローが提供されます。それを使用して従業員のトレーニングを継続することで、時間とリソースを節約できます。

製品を扱う際にウェアラブルデバイスを使用することで、自由かつ安全に移動できます。そのワークフローの採用は、より人間工学に基づいた作業環境の構築にもつながります。

null

品質と精度の向上

スマートグラスは、従業員が必要とするそのときに、すべての関連する情報と明確なステップバイステップの指示を直接彼らの視野に、正確に表示します。

品質保証プロセスと自動の文書化を含む効率的かつ標準化されたワークフローで生産品質を向上させ、手戻りを減らします。

ソリューションの概要

null

デバイスに依存しない

幅広いハードウェア及び OS に対応
null

柔軟な開発

オンプレミス、クラウドのどちらにもソリューションをインストール
null

堅実なレポート

レポートのダウンロードと作成された文書のレビュー
null

エンタープライズバックエンドコネクタ

SAP などの ERP ソリューションへの構成済みのコネクタで、既存のバックエンドシステムへプロセスを接続
null

カスタマイズ可能 & モジューラー

拡張可能なモジュールとカスタム設定でプロセスの要件に対応
null

多言語対応サポート

すぐに使用できる、英語、ドイツ語、スペイン語、中国語 (必要に応じて新言語にも対応可能) のコマンドのサポート
さらにご希望ですか? お得な情報の最新ニュース:弊社ニュースレター!