Ubimax - TeamViewer Company

TeamViewer ファミリーへようこそ !

TeamViewer は、現場の労働者向けウェアラブルコンピューティングと拡張現実ソリューションのリーダーである Ubimax を買収しました。
2 つの会社が 1 つになりました。私たちの共同のビジョンは、ヨーロッパ発のグローバルテクノロジーリーダーを育成することです。

Ubimax との協調により、TeamViewer は、エンタープライズのお客様向けの業界標準ソリューションとともに拡張現実 (AR) および IoT の提供を大幅に拡大してまいります。これらの製品によりすべてのお客様にプロセスの大きな改善と生産性の向上を提供し、ウェアラブルコンピュータデバイスとオーダーメイドのソフトウェアやアプリケーションによって作業現場のデジタル化をサポートします。さらにこの買収によって TeamViewer は、データ分析および人工知能に照準をあてた新たな産業向けユースケースの開発を加速できるようになります。

P R O D U C T I V I T Y  S O L U T I O N  S U I T E
UBIMAX FRONTLINE


マニュアルオーダーピッキング ・ インバウンド&アウトバウンド ・ インベントリ&ソート

xPick がどのようにお客様に活用されているかを紹介します。コカ・コーラ・ヘレニック・ボトリング・カンパニー(CCHBC)は、Ubimax のアプリケーション xPick を使用して飲料の注文をまとめています。SAP の倉庫管理システムと接続され、現場のピッカーのスマートグラスには、収集する品目、場所、数量が直接表示されます。ピッキングの確認は、スマートグラス搭載のカメラで QR コードをスキャンすることによって行われます。このソリューションによって、99.9% の正確性と 10% のパフォーマンス改善がもたらされました。xPick はCCHBC の 15 の倉庫で使用されています。さらに CCHBC では、50 以上の飲料工場でのさまざまなユースケースに向けて、より多くの Ubimax Frontline ソリューションを展開しています。


組立指示 ・ 品質保証 ・ トレーニング

xMake がどのようにお客様に活用されているかを紹介します。ドイツのアッスバッハ・ベーメンハイムにある AGCO FENDT 塗装工場では、Ubimax の xMake ソリューションがパウダーコーティングの工程をサポートしています。作業者は塗装する部品をラックに吊るし、システムから提供された情報に基づいて機械に入ります。xMake は、作業者が品目のコードをスキャンすることで関連作業の情報を入手し、ボイスコントロールによって品目の数量をカウントすることを可能にします。収集されたデータは、製造実行システムへと送られます。xMake は、ペーパーワークを 90% 削減し、スピードと品質を大幅に向上させました。


メンテナンスとサービス ・ ガイド付きの診断 ・ ガイド付きのトラブルシューティング

xInspect がどのようにお客様に活用されているかを紹介します。テキサス州ダラスにあるエアバス・ヘリコプターズ社は、Ubimax の xInspect ソリューションでギアボックスのメンテナンスとオーバーホールをサポートしています。スマートグラス上で動作する xInspect を使用することで、作業員は、関連するすべての作業指示を確認し、写真を撮り、SAP に画像をアップロードし、各ステップをシームレスに、そして実際にハンズフリーで文書化することができるようになりました。これにより、手動でのアップロードと紙のコピーが不要となりました。エアバス・ヘリコプターズのギアボックス検査は、以前より 40% 以上はやく、手入力によるエラーが完全に取り除かれました。


リモートサポート ・ サービスとアフターセールス ・ ライブトラブルシューティング

xAssist がどのようにお客様に活用されているかを紹介します。北米 BMW 社は、Ubimax の xAssist ソリューション「TSARA Vision」を米国内の独立系 BMW ディーラー 347 社すべてに導入しました。TSARA Vision では、各ディーラーの従業員がスマートグラスを使用したハンズフリーの双方向ビデオ通話を可能にします。これにより従業員は、1対1 またはグループ通話で専門家とすぐに接続できます。この通話の間、専門家は技術的なドキュメントを共有し、ライブ注釈でガイドし、ビデオを録画し、拡張現実を使用して要素をハイライトできます。そのため、多くの案件をより早く解決することができ、顧客満足度の向上につながります。

Ubimax について

2014年 ブレーメンで設立された Ubimax は、AR ベースによるワンストップソリューションを顧客に提供しています。産業の労働者は Ubimax の先進的なソリューションを使用して IT を身にまとい、大幅な効率化とプロセスの改善を手に入れます。Ubimax のポートフォリオには、産業用 AR ソフトウェアプラットフォームの Frontline、ウェアラブルコンピューティングデバイス及びコンサルティングサービスがあります。

Frontline 製品群は、ノンオフィスワーカーのためのツールボックスのようなものです。具体的な指示や情報をスマートグラスで視覚的に表示することにより、倉庫での注文品のピッキング作業などの実際の作業を支援し、生産性を向上させます。そのソリューションはまた、エンタープライズのお客様が彼らのワークフローを管理し、現場の作業者とコミュニケーションをとることを可能にします。

Frontline のユースケースは、ロジスティクスとイントラロジスティクス (xPick)、製造とインストール (xMake)、メンテナンス (xInspect)、そしてサービスとアフターセールス (xAssist) に分けることができます。ドイツ、米国、メキシコに拠点を置く Ubimax の 90人以上の従業員は、世界中の多様な業界の約 200 社の企業のお客様にこれらの製品を販売しています。

Oliver Steil
TEAMVIEWER CEO

「TeamViewer が初めて行った今回の戦略的に重要な買収に、とても興奮しています。Ubimaxとともに、接続ソリューションと産業用ワークプレイス技術のグローバルリーダーを目指します。私たちの共同製品ポートフォリオは、企業のお客様に、様々な業界のデバイス、作業者、プロセスを安全に接続するためのユニークなワンストップソリューションを提供します。現場重視の姿勢や革新の文化を共有しているため、私たち TeamViewer は、Ubimax の創設者とチーム全体を温かく歓迎します。」

Hendrik Witt
UBIMAX CEO

「TeamViewer とともに成功の道を歩めることを非常に楽しみにしています。Ubimax の先進的な拡張現実プラットフォームと産業用ワークフロー統合における実績と経験は、TeamViewer の製品ポートフォリオを完璧に補完するものです。創業パートナーの Jan と Percy と共に、TeamViewer ファミリーの一員となり、ユースケースの拡大とグローバルな成長に向けて協力できることを大変嬉しく思っています。」

私たちの目標

ヨーロッパの革新的なソフトウェアプロバイダーの TeamViewer と Ubimax は、産業や職場のデジタル化を可能にするために、企業文化と目標を共有します。

Ubimax Frontline は、バリューチェーンに沿った生産性の向上を支援する、完全に統合されたソフトウェアプラットフォームです。特にオフィスのデスクから離れて働く従業員のプロセスをシンプルにします。

ご質問はありませんか?
詳細をお伝えください。すぐに連絡を差し上げます!

さらにご希望ですか? お得な情報の最新ニュース:弊社ニュースレター!