Develop

カスタムソリューションの開発

TeamViewer API

モニターの開発

ウェブベースのTeamViewer APIにてTeamViewerアカウント情報の管理やアカウントのデータへアクセスが可能となります。独自の環境にTeamViewer機能w統合するアプリケーションの開発や、誰もが使用できるアプリケーションを開発することが出来ます。

APIはRESTを使用して、アプリケーションおよび高セキュリティな認証規格OAuth 2.0との通信を行い、すべてのデータへのアクセスを管理します。

機能紹介

アプリケーション開発者用のTeamViewer APIは、以下のTeamViewer機能へのアクセスを提供します。

ユーザー管理

TeamViewer企業プロファイルに関連するメソッド(例: ユーザの新規作成、ユーザ情報の変更など)。

グループ管理

TeamViewerコンピュータ&パートナーリスト内のグループに関連したメソッド(例: グループの作成、グループの共有など)

セッション管理

TeamViewerによるリモートコントロールセッションに関連したメソッド(例: セッションの新規作成、セッション情報の変更など)。

接続レポート

TeamViewer Management Consoleでの接続レポートに関連するメソッド(例: 接続レポートのリスト、レポートのエクスポートなど)。

オンラインミーティング

TeamViewerミーティングに関連するメソッド(例: ミーティングのスケジュール、自動ミーティングの開始など)

コンピュータ&パートナー

TeamViewerコンピュータ&パートナーリストに関連した方法(誰がオンラインか確認、パートナーまたはデバイスとリモートコントロールセッションを開始、アドレスブックから新しいパートナーをバッチインポート)。

使用例

  • ヘルプデスク内で顧客のチケットからサポート案件を作成
  • [サポートセッションの要求]ボタンをWebアプリケーションに統合
  • TeamViewer Management ConsoleからExcelに接続レポートを抽出し、さらに処理して統計情報を生成
  • TeamViewer Management Consoleから一日の接続レポートを自動でエクスポートできるので、日々の業務がより快適になります(請求書作成など)。
  • サポートチーム全体をお客様のTeamViewer企業プロファイルにすばやくインポート
  • 新規ユーザーごとにTeamViewerアカウントをActive Directoryに自動的に作成
  • チャットアプリケーション内からミーティングを開始し、チャットパートナーを直接招待
  • サードパーティ製のカレンダーアプリケーションでミーティングをスケジュール
  • CRMからのパートナーがTeamViewerでオンラインか確認し、コンピュータでリモートコントロールセッションを開始するよう直接依頼します。
  • お気に入りの資産管理システムから、使用中のコンピュータ&パートナーリストに保存されたパスワードを使用して直接コンピュータに接続します。

じめに

アプリケーションまたはスクリプトの開発を開始します。TeamViewer APIはOAuth 2.0およびScriptトークンに加えて、クライアントIDも使用します。

独自のアプリケーションを開発しましょう

お客様独自のアプリケーションを簡単に開発できます。以下の手順に従うか、API ドキュメンテーションにジャンプして今すぐ開始してください。

TeamViewer APIでは、2つの異なったAPIの使用方法が区別されています: スクリプトの使用またはアプリケーションの使用のいずれかです。

アプリケーションは、多数のさまざまなアカウントで使用するために開発されます。このため、スクリプトとアプリケーションはTeamViewerデータに異なった方法でアクセスします。その代表が、異なったタイプのトークンです。

APIを自分のデータだけで使用する場合は、スクリプトトークンを作成します。後で気が変わっても心配ありません。簡単にアプリケーションに移行できます。他のTeamViewerカスタマーが使用するアプリケーションを作成する場合は、そのまま手順を進めてOAuth 2.0クライアントIDを作成します

TeamViewer APIでTeamViewerアプリケーションまたはスクリプトを開発するために、TeamViewer Management ConsoleでTeamViewerアカウントを作成します|スクリーンショット

アカウントの作成

TeamViewer APIを使用するには、TeamViewerアカウントが必要です。

アカウントは TeamViewer Management Console 上で作成できます。ページの左側からアカウントの登録手続きをして下さい。

スクリプトの作成

TeamViewer Management Consoleで自分のプロファイル設定を開きます|スクリーンショット

Management Consoleを開く

スクリプトを作成するには、 TeamViewer Management Console 上でアカウントにログインして下さい。

Consoleで、ウェブサイトの右上に自分のプロファイル設定を開きます。

自分のTeamViewerアカウントで使用可能なスクリプトを新規に作成します|スクリーンショット

スクリプト の作成

  1. スクリプト名を入力します。
  2. スクリプトの説明を入力します。
  3. スクリプトの権限を選択します。
  4. スクリプトを保存します。

詳細については、API ドキュメンテーションを参照してください。

スクリプトのプロパティからスクリプトトークンを書き止めます。後でこれが必要になります|スクリーンショット

トークンの確認・保存

直近に作成したスクリプトのプロパティからトークンを書き止めます。
このトークンは、開発プロセスで必要になります。

トークンの詳細については、API ドキュメンテーションを参照してください。

コーディングの開始

API ドキュメンテーションを使用して独自のスクリプトの作成を開始するか、スクリプト例のどれかのトークンを使用することができます。

アプリケーションの作成

TeamViewer Management Consoleでアプリケーションメニューを開きます|スクリーンショット

Management Consoleを開く

アプリケーションを作成するには、自分のTeamViewerアカウントで TeamViewer Management Console 上でアカウントにログインして下さい。

Consoleで、Webサイトのフッターにあるアプリケーションリンクを開きます。

メソッドOAuth 2.0を使用して、どのTeamViewerアカウントでも使用可能なアプリケーションを新規に作成します|スクリーンショット

アプリケーションの 作成

  1. アプリケーション名を入力します。
  2. アプリケーションの説明を入力します。
  3. リダイレクトURIを入力します。
    ユーザーは、お客様のアプリケーションが自分のデータにアクセスするのを許可した後、このURIにリダイレクトされます。これが設定されている場合、指定されたリダイレクトURIを使用する認可要求だけが許可されます。これは後から変更可能です。
  4. アクセスレベルを選択します。
  5. アプリケーションの権限を選択します。
  6. アプリケーションを保存します

詳細については、API ドキュメンテーションを参照してください。

スクリプトのプロパティからクライアントIDを書き止めます。後でこれが必要になります|スクリーンショット

クライアントIDとクライアントシークレットの確認・保存

最も最近に作成したアプリケーションのプロパティからクライアントIDとクライアントシークレットを書き止めます。
クライアントIDとクライアントシークレットは、開発プロセスで必要になります。

クライアントIDの詳細については、API ドキュメンテーションを参照してください。

コーディングの開始

API ドキュメンテーションを使用して、 独自のアプリケーションの作成を開始できます。

APIドキュメンテーション

TeamViewer APIとその参考資料、仕様、およびメソッドはTeamViewer APIドキュメンテーションに文書化されています|アイコン

TeamViewer APIのドキュメンテーションには、APIの使用に関する基本情報だけでなく、使用可能なメソッド(メソッド呼び出しの例を含む)も記載されています。

TeamViewer APIドキュメンテーションは以下からPDFとしてダウンロードできます。

ダウンロード

あらかじめ組み込まれているスクリプトを使用して感じをつかみ、統合機能の開発に役立ててください。

スクリプト例

お客様独自のアプリケーションの開発を初めにお手伝いするために、いくつかのスクリプトをあらかじめ組み込んでいます。

このスクリプトは、PowerShell、およびPythonで使用可能です。

ユーザー管理, レポート および Active Directory 用のスクリプトをダウンロードするか、以下の例をご参照下さい。

使用しているAPIメソッドについての詳細は、TeamViewer API ドキュメンテーションを参照してください。

TeamViewer APIのコード例を使用して、サポート案件を作成するアプリケーションを開発できます。

コード例:待機案件

待機件数を使用して、TeamViewerおよびTeamViewer Management Consoleでカスタマーサポート案件を管理することができます。

この例では、サポート案件を作成するアプリケーションを示します。付属のプログラムコードを使用すれば、お使いのアプリケーション環境に待機件数機能を統合する方法がおわかりになります。以下から、アプリケーションとC#コードをダウンロードできます。

ダウンロード
トップに戻る