機能のスポットライト サービスキュー

サービスキューを使用してサポートリクエストを合理化しましょう

標準的なサービスケースでも、緊急のリクエストでも、サポートチケットはすぐに積もり積もってしまいます。 TeamViewer™ 内のサービスキューを使用して顧客が開始したサービスケースを管理することで、サポートチームはより効率的に整理、優先順位付け、解決を行うことができます。

これにより、エンドユーザーはサポートをリクエストしやすくなり、ケースの追跡とフォローアップを一目で把握できます。

機能詳細とサポート対象製品

ケース管理

サービスキューで動的なサービスケース管理を可能にします。 このツールを使用すると、依頼として入ってくるケースを自動的に収集し、それぞれに固有のセッションコードを割り当てることで、顧客の問題に迅速に対応できます。 これらのコードを使用すると、チーム内の作業の優先順位付けと割り当てを素早く行うことができるため、顧客はクリックするだけでサポートセッションに参加できます。

サービスキュー通知は、チームがサービスケースを見落とさないようにするもので、サービスレベル契約の維持と顧客満足度の向上に役立ちます。

自動化されたサービスケース割り当て

適切な人物が重要なタスクを遅滞なく開始できるよう、チーム全体にサービスリクエストを割り当てる時間を節約できるようになりました。

カスタムモジュール内でサービスケース担当者を事前定義します。 カスタムモジュールからの新しいサービスケースは、これらの事前定義されたユーザーに自動的に割り当てられます。

Put someone on CC

ワークフローを改善する拡張機能:他の複数のユーザーを CC に配置できるため、チームは常に最新の状態を維持でき、サービスキャンプのチケットはより効率的に処理されます。

これ以降、ユーザーはチケットを作成するときにメールアドレスをCCに指定するだけで済みます。

これらの製品とソリューションに搭載されています

機能一覧

無料で TeamViewer をお試しください

当社の製品を15日間無料でご利用いただけます。必要なものはすべて当社からお送りします。すぐに始めてチームの生産性を向上させましょう。

プライバシーポリシー
Want more? Exclusive deals, the latest news: Our Newsletter!