TeamViewerが在宅勤務に理想的なソリューションであるのはなぜでしょうか?

自宅から作業する時は、オフィスネットワークに接続しないと使用できない重要なリソースにアクセスする必要がある場合があります。このため、オフィスへのリモートアクセスは、通常の作業プロセスを中断せず、生産的に作業できるように、高速かつ安全で、効率的である必要があります。TeamViewerのホームオフィスリモート接続は、いつでも、あらゆるデバイスからネットワーク対応リソースに瞬時に接続する手段となり、オフィスにいるかのように正確に作業することができます。

TeamViewerを在宅勤務ソリューションとして使用すると、どのようなメリットがありますか?

複数モニターアイコン

クロスプラットフォームの互換性

TeamViewerは、あらゆる端末のほとんどのプラットフォーム (Windows、macOS、Linux、Chrome OSなど) で動作します。これによって、自宅からの作業時に、オフィスのコンピューターや、その他の主要ネットワークにリモートから接続することができます。

表アイコン

包括的な機能

TeamViewerの多くの機能を利用すると、他の社員と話したり、ミーティングを開催したり、家から作業を任せたりすることができます。例えば、TeamViewerの画面共有機能を使用して、画面に表示されている内容を他の社員と共有したり、セッションレコーディングを使用して、将来見直せるようにミーティングやトレーニングを記録することができます。

ラウンドロックアイコン

優れたプライバシーとセキュリティ

セキュリティに関してはご安心ください。リモート接続、ミーティング、転送されるデータは、TeamViewerの業界トップクラスのセキュリティ対策によって安全に維持されます。

グラフアイコン

生産性の向上を実現

TeamViewerの高速接続、瞬時のレスポンス、高解像度の表示を通じて、自宅から重要作業文書にアクセスして、移動時間を削減してください。

自宅からの作業時、TeamViewerの使用はどれぐらい簡単ですか?

TeamViewerソフトウェアを利用した在宅勤務

接続設定方法を理解するのに時間を費やさず、目の前の作業にだけ集中して、効率的に自宅から仕事しましょう。直感的なオールインワンのTeamViewerソフトウェアは、インストールが簡単で、接続の設定も分かりやすくなっています。使用を開始して瞬時にアクセスできるようにするには、家庭のデバイスとオフィスのコンピューターの両方にTeamViewerをインストールして、アカウントを作成し、自分のアカウントに両方のマシンを割り当てるだけです。

ボタンをクリックするだけで、リモートデバイスに接続することができます。

また、TeamViewerでは、企業の優先配備オプションを使用して、リモートインストールすることもできます。これは、ITチームがすべての設定を処理して、オフィスから直接他のデバイスにTeamViewerをインストールできるということです。一方で、自分で新しいデバイスをセットアップするのもシンプルです。新しいデバイスを追加したい場合、該当するデバイスにTeamViewerをインストールして、信頼できるデバイスリストにこれを追加するだけです。

リモート作業中、プライバシーはどのようなセキュリティ対策で保証されますか?

TeamViewerでは、セキュリティは最優先事項の一つです。このため、当社では、業界トップクラスのセキュリティ対策をソフトウェアに実装して、自宅作業でもオフィスの作業でも、ユーザー情報、個人の文書、その他すべてのデータが安全かつ機密であることを保証しています。

  • ホワイトリスト: どのTeamViewerアカウントやIDが、お使いのコンピューターや端末にアクセスできるかを管理します。
  • 2要素認証: 信頼できるユーザーのみ、会話やミーティングにアクセスすることができます。
  • 信頼できるデバイス: TeamViewerアカウントにログインする前にすべての新しいデバイスを認証して、デバイスが不正アクセスできないように保証します。
  • エンドツーエンドの暗号化: 安全なデータ暗号化を利用することにより、第三者がプライベート接続にアクセスしていないことを確信して安心できます。

リモート作業にTeamViewerを使用すると、投資に対してどのようなリターンがありますか?

TeamViewerのさまざまなライセンスでは、何百人も社員がいる大組織でも、社員が数人の小企業でも、その中間であっても、必ず予算に対して適切なオプションを見つけることができます。社員がどこで作業しているとしても、当社のツールは、全員のデバイスを接続状態に保って生産性を高め、交通費やダウンタイムを減らすこともできます。各ライセンスは何百台もの多様なデバイスをサポートし、個人のマシン単位でライセンスする必要はありません。手段やニーズに最適なライセンスオプションの選択サポートについては、ライセンスアシスタントをご確認ください。

トップに戻る