倉庫最適化&コスト削減ガイド

倉庫運用は、商品の保管、取り扱い、流通をカバーするため、あらゆるサプライチェーンの屋台骨と言うべき存在です。しかし、適切に管理しなければ、余計なコストや非効率性、ミスのもととなります。倉庫管理者は常にプロセスを合理化し、倉庫の運用コストを削減する方法を考える必要があります。

オペレーション・サプライ・チェーンを示す図

本ガイドでは、倉庫運用を最適化するための業界全体のベストプラクティスを説明し、データ収集と分析の重要性を説明します。続いて、産業用ARソリューションが倉庫のピッキング効率をどのように最適化し、どの程度のコスト削減を達成できるかを紹介します。

倉庫の運用コストを削減する5つの方法

  • ニーズを満たすフロアプランの設計

    適切に設計されたレイアウトは、商品の流れが良くなり、移動時間の短縮や、スペース利用率の拡大などのメリットがあります。フロアプランを設計する際には在庫の種類やサイズ、頻度を考慮する必要があります。

  • 需要・使用状況に応じた在庫ゾーニング

    よく手に取るものは、手前や下の棚など、手に取りやすい場所に。また、カテゴリーやサイズ、色などで商品を分類し、類似する商品をまとめておくのも良いでしょう。こうすることで探す時間を短縮し、倉庫のピッキング効率が向上します。

  • バックプランを用意しておく

    倉庫内作業では自然災害だけでなく、停電、機器の故障、労働力不足などによる混乱などが起こりえます。このような事態に備えるため、代替サプライヤー、予備発電機、予備部品、臨時スタッフなどのバックアッププランを用意しておく必要があります。

  • 安全を最優先する

    安全は、常に最優先されるべきものです。企業は従業員に適切な設備、標識、照明、換気、緊急時の手順に関するトレーニングを提供する責任があります。また、事故や怪我による訴訟や法的処罰を避けるため、関連する安全規制や基準をすべて遵守する必要があります。

  • 返品プロセスの合理化

    返品はあらゆるビジネスでつきものではありますが、費用の損失や非効率の元にもなります。検品、受け取り、仕分け、補充など、返品を処理する際の明確な方針と手順を決めておく必要があります。 

倉庫内で荷物を検査している女性

テクノロジーの活用による倉庫運用の最適化

倉庫内作業の規模や複雑さを問わず、テクノロジーを活用してプロセスを最適化できます。最も優先すべきは、データ収集の自動化です。現在のデータの分析は、倉庫運用を改善する上で不可欠ですが、手作業では人為的ミスが発生する可能性があり、時間もかかります。

バーコードスキャニング、RFID読み取り、音声認識などの技術を用いることで、正確なデータを迅速かつ安全に取得・送信できます。このデータを活用することで倉庫業務の概要をリアルタイムで把握できるため、ボトルネックや非効率を特定(解決)することができます。

倉庫で商品をスキャンする男女

倉庫運用を最適化し、運用コストを削減するもう1つの重要な要素は在庫管理です。リアルタイムの正確なデータのおかげで、スタッフは在庫レベルやロケーション、動き、ステータスに目を向けることができます。

また、需要予測、自動再注文ポイント、定期的なサイクルカウントなどのツールを導入することで、顧客の需要に応えるのに十分な在庫を確保しつつ、過剰在庫や陳腐化を防止できます。 

AR技術で倉庫の作業プロセスとコストを改善する方法

在庫最適化とコスト削減を支援する新技術のひとつに、AR(拡張現実)があります。つまり、ARはテキスト、画像、ビデオ、サウンドなどのデジタル情報やメディアで現実世界を「拡張」するのです。これにより、従業員は現実とバーチャルの両方の要素を見ることができ、没入感のあるインタラクティブな体験が可能になります。

ビジョンピッキングのような産業用ARソリューションは、手作業によるオーダーピッキング、在庫管理、その他の大半の物流プロセスをデジタルでトラッキングし、支援するよう設計されています。

迅速なオーダーピッキング

ARでピッカーにアイテムの位置と行き方を表示し、オーダーピッキングの時間を短縮します。

正確なオーダーピッキング

ミスが起こるとすぐに検知し、スマートグラスを通してピッカーに警告を送ります。

人間工学に基づいたオーダーピッキング

ARによってハンディスキャナーや紙のリストが不要になるため、ハンズフリーで作業できます。

柔軟なオーダーピッキング

ARはマルチタスクを容易にし、さらにバッチ、クラスター、ウェーブピッキングなど複数のオーダーピッキング方式に対応しています。

スマートグラスを着用した倉庫の作業者

ビジョン ピッキング

xPickで従業員をサポート

xPickを使用すれば、倉庫チームの個々の好みやニーズに合わせて、指示やオンボーディングを調整できます。たとえば、ピッカーの優先言語での情報の提供や、さまざまな資格レベルに合わせた検証の数の調整といったことが可能です。

また、xPickによるハンズフリーの音声制御操作により、作業員はかさばるアイテムや重いアイテムを安全かつ快適に取り扱うことができるようになるので、手作業による物流における人と機械の最適化を実現します。 

Frontline xPickで倉庫のピッキング効率を大幅改善

Frontline xPickは、倉庫の運用最適化を実現する、実績のある最先端ビジョンピッキングソリューションです。xPickはスマートグラス上で動作する特許取得済みの評価の高いARソフトウェアであり、従業員が必要とする時に、必要なオーダーデータを表示します。また、リアルタイムのフィードバックと検証も提供するため、ピッカーが間違ったアイテムや数量を選択した場合、またはオーダーに変更があった場合に警告を発してエラーを低減します。

xPickは、TeamViewerのエンタープライズ生産性プラットフォームであるFrontlineの一部です。このソリューションは、各倉庫の特定のニーズに合わせて簡単に構成および更新が可能です。また、既存の倉庫管理システムやその他のバックエンド システムにシームレスに統合されます。 

異業種の最前線労働者が使用するスマートグラス

フロントラインxPickが倉庫の効率を変える

Frontline xPickは、世界中の大手物流企業によって導入され、成功を収めています。生産性、品質、顧客満足度が大幅に向上したと報告されており。

証明された結果には以下が含まれます

  • 15% 向上:生産性
  • ピッキング速度が25%向上
  • エラー率を0.1%まで削減
  • オンボーディング時間を50%節約

倉庫最適化に関するよくある質問

倉庫運用を改善する方法には、効率的な保管戦略の実施、倉庫管理システムの導入、スマートAR技術の採用などがあります。これらの対策により、精度と効率を高め、コスト削減を実現できます。

ARは、倉庫のピッキング効率を最大25%向上すると実証されています。ARなどの新技術に投資することで、ピッキング率を改善できます。さらに、統合されたバーコードやRFIDスキャンのおかげで、エラーをほぼゼロにまで削減できます。一般的に、TeamViewer Frontlineのビジョンピッキングソリューション「xPick」」のようなARベースのピッキングソリューションにより、生産性は15%向上します。

実績があります。当社に、お任せください!