製造プロセスの最適化で生産性を向上させる

今日のグローバル経済において、製造業は競争の激化と顧客需要の高まりという課題に直面しています。厳しい予算の中、多くの企業の課題は、品質、安全性、環境基準、生産水準に妥協することなく、いかに効率性とコスト効率を高めるかということです

ロボット アームと技術者がラインで作業している様子を示す図

変化の多い環境において、企業は生き残りをかけ、製造プロセスを最適化し、生産性を向上させるため、AR(拡張現実)などの革新的な技術ソリューションに目を向けています

業界で実績のあるTeamViewerのARソリューションでチームの機動性を高めましょう。

AR(拡張現実)がプロセス最適化にもたらすメリット

AR(拡張現実)は、デジタル情報、写真、ビデオなどを現実世界の景色に拡張します。世界中の企業がAR技術のパワーと柔軟性を活かし、生産プロセスのデジタル化と改善に取り組んでいます。貴社でも、産業用ARソリューションがもたらすメリットを享受することができるのです。

  • 効率の向上

    産業用ARソリューションは、生産の様々なステージ間にある距離や時間を短縮・排除し、効率改善を支援します。リモートでの共同作業や、作業員、スーパーバイザー、マネージャー間の即時コミュニケーションが実現します。

  • 品質向上

    産業用ARソリューションは、生産ライン各工程の精度と均一性向上に貢献します。例えば、ARは物流、組立、検査、メンテナンスの際に、情報とガイダンス、検証を提供できます。

  • コンプライアンスの向上

    ビジネス用途でのARソリューションは、商品やプロセスの品質保証と管理を支援します。収集したデータや写真、測定値から、国際規範や基準に準拠していることを立証できます。

  • 効果的な分析

    産業用ARソリューションを採用することでリアルタイムのデータ収集と分析が可能となり、経営陣は生産の各段階を最適化するために必要な情報とツールを獲得できます。

  • プロセスの最適化

    企業向けARソリューションで、作業員にリアルでインタラクティブな体験を提供することで、プロセスを最適化できます。AR対応デバイスやメガネを使用することで、作業員は適切な指示、フィードバック、アラートをリアルタイムで確認できます。

  • 直感的な学習

    産業用ARソリューションは、効果的で分かりやすいOJT・スキルアップの機会を提供します。個々の作業員のニーズに合わせ、フレキシブルなAR学習プログラムを組むことができます。

ウェアラブルデバイスでビジュアル監査を行う男性

すべての製造業者が生産プロセスを最適化すべき理由

プロセス最適化とは、コスト削減、効率化、品質向上、規制への対応など、特定の目標を達成するためにプロセスを改善することを指します。プロセス最適化戦略に取りかかる企業は、大抵の場合は生産性とパフォーマンスの改善を体感します。重要なのは、インプットを維持、場合によっては削減しながら、アウトプットを増加させる方法を見出すことです。

製造プロセスを最適化することで生産を効率化し、製造コストや無駄を削減、エラーを最小限に抑えることができます。また、それによってイノベーションの機会を特定・活用するための時間も生まれるため、市場の需要にフィットした、より競争力の高い商品の誕生につながります。つまり、製造プロセスを改善することで、生産性や利益を高め、市場シェアの拡大も可能になります

生産最適化を阻むもの

組織的なものと物理的なものの両面において、製造業者の生産・組立プロセスの最適化を阻むものが数多く存在します。戦略的なレベルで言えば、経営陣にプロセスを測定・分析するためのデータや情報が不足しているかもしれません。その場合、生産プロセスの改善や最適化が可能なポイントを特定することが難しくなります。

さらに、組立ラインの日常的な稼動には、効率的な製造プロセスを阻害するボトルネックがつきものです。ボトルネックには、以下のようなものが挙げられます、

機械の設置

異なる生産工程間で金型装置の取り付けや交換を行える、熟練の従業員はごく一部です。

生産休止時間

技術サポートやスーパーバイザーが他所にいるため、生産に関する問題が発生した場合、解決まで時間を要します。特に大規模な工場や複数拠点を持つ組織では、現地に到着するまでに時間がかかることがあります。

追加の品質管理

最終チェックを行い、手作業で品質レポートを作成するのは時間のかかる作業です。しかし、品質レベルと認証基準を維持するためには避けて通れません。

従業員のスキル不足

入社したばかりの社員や、異動で新しい仕事を担当する従業員は、生産ラインの新しいエリアに配置される前に研修を受ける必要があります。

AR を使用して車の作業をするメカニック

TeamViewer Frontlineプラットフォームによる生産プロセスの最適化

TeamViewer Frontlineは、製造プロセス最適化・生産性向上のための産業用AR(拡張現実)ソリューションを提供する企業向け生産性プラットフォームです。スマートグラスなどの最新のウェアラブル技術を用いることで、組立ラインの従業員もデスクワークの同僚と同様に、デジタル化の恩恵を受けることができます。

Frontlineを活用することで、迅速な研修、効率的なワークフロー、より良いツールや環境、迅速なテクニカルサポートなどのメリットを得られます。メーカーにとっても、迅速な工程、ミスの減少、製品品質の向上などの明らかなメリットがあります。

xMake: 製造プロセス改善にARの力を活用

xMakeは、必要なときにステップごとの指示を表示できるFrontlineの優れた可視化ソリューションです。スマートグラスの視界フィールドから、文章、画像、ビデオ、音声などで情報を伝達します。また、内蔵された音声コマンド、センサー、必要なデータをシームレスに取得できる画像認識などのおかげで、ハンズフリーで作業できます。モバイルデバイスなどの従来の資産も、タブレットやスマートフォンにインストールされたARを活用することで没入型トレーニングに活用できます。

他のすべてのFrontline製品と同様、xMakeは幅広いデバイスとOSに対応しており、スマートグラス、スマートフォン、タブレット、スマートウォッチ、それらの組み合わせなど、多様なハードウェアから選択できます。xMakeはオンプレミスまたはクラウド経由でホストでき、必要に応じて社内の生産管理システムやその他のバックエンド システムに簡単に統合できます。

Frontline Command Centerのおかげで、リアルタイムのデータや画像、その他の文書化機能から生産タスクのステータスと進行状況を監視でき、高いレベルの品質保証を実現します。さらに、Frontline Creatorを活用することで、社内で組立ワークフローを簡単に構築・変更できます。プログラミング知識は必要なく、単純なドラッグ&ドロップとポイント&クリックで操作できます。そのため予期せぬ事態が発生した場合でも、状況に合わせて変更したワークフローをすぐに従業員に送信できます。

当社のビジョンピッキング ソリューションを倉庫へ導入するのは想像よりも簡単です。

xMakeのメリット

人間工学に基づくハンズフリー作業

関連情報がスマートグラスに自動的に表示され、音声コマンドによるコミュニケーションが可能。

エラーの削減

内蔵のカメラとセンサー、カスタマイズを施したドキュメント機能により、より確実な品質保証とコンプライアンスを実現。

柔軟な労働力

OJTと指導を行い、どのワークステーションにも直ちに従業員を投入できます。

カスタマーサクセス WSシステム

WSシステムがエラーゼロの高速シーケンスを実現

WSシステムは、TeamViewer Frontlineのハンズフリー・メイク・バイ・ビジョン・ソリューションxMakeを2つの組立ラインに導入しました:
  • 100%ハンズフリー操作
  • エラー率がゼロに
  • 組み立てとトレーニングの工程を大幅に改善

生産プロセスの最適化に関するよくある質問

製造業者がプロセス最適化計画を実施するのは、生産ラインの効率や品質、収益性を体系的に改善するためです。より効率的な製造プロセスにより、コストとリードタイムを最小限に抑えながら、無駄の削減、生産量の拡大、製品品質の向上などを実現できます。

生産プロセス最適化の実現のために採れる戦略は様々です。これには、ARのような革新的な技術への投資、包括的なデジタルトランスフォーメーションの拡大などが含まれます。

プロセス最適化にARを導入するには4つのステップがあります。課題と目的の設定、現状の分析とギャップの特定、ARソリューションの設計とテスト、そして導入と評価です。

実績があります。当社に、お任せください!