AR(拡張現実)による在庫管理最適化

適切な倉庫管理は、在庫の最適化やコスト削減、顧客の需要に応える上でビジネスに不可欠です。拡張現実(AR)の活用は、企業の在庫管理プロセスに大きな変化をもたらします。

倉庫と物流の業務でビジョン ピッキングを使用している従業員を示すイラスト

ここでは在庫管理の重要性、在庫最適化の概念、ARによるデジタル在庫管理のメリット、そしてTeamViewerのFrontlineプラットフォームが、在庫管理において企業にどのような支援を提供できるかについて説明します。

在庫管理にAR技術を採用すべき5つの理由

  • 在庫最適化

    従来、在庫の確認は手間がかかり、ミスが発生しやすい作業でした。手作業で在庫確認をする場合、従業員が倉庫内を物理的に探し回る必要があるため、ミスが生じていましたが、ARが提供するソリューションはハンズフリー。倉庫スタッフはスマートグラスから詳細な作業情報にアクセスできます。これにより、効率的な積み下ろしプロセスができるようになり、正確な在庫管理が可能となります。

  • オーダーピッキング

    オーダーピッキングは倉庫業務において重要な部分であり、コストのかかる作業でもあります。手作業によるスキャンピッキングのような方法は、非効率的かつエラーが発生しやすいことが分かっています。ARの採用により、オペレーターはARスマートグラスでピッキング関連データを視覚的に確認できるようになり、オーダーピッキングの様相は一変します。ARテクノロジーはエラー率を改善し、結果的にプロセスを高速化できる可能性を秘めています。また、新しいスタッフのトレーニングや新人研修もより早くスムーズになり、全体的な効率が向上します。

  • リモート支援

    双方向通信により、例外処理やその他の不測の事態にもすぐに対応できます。問題が発生した場合、ピッカーはスーパーバイザーに電話するだけで、内蔵カメラで自分が見ているものをリアルタイムで共有できます。スーパーバイザーはピッカーの肩越しの映像を確認し、すぐにサポートを提供することが可能となります。

  • 作業効率

    ARツールの活用により、一度に複数の注文処理がよりシームレスに。スマートグラスは常時アクセス可能な情報を提供するため、RFガンのような複雑なメニューをクリックする必要はありません。例えば、ピッカーが商品をカートに入れる際、同時に音声で商品の量を確認できます。これにより、配送時間やダウンタイムの短縮、ひいては顧客満足度の向上につながります。

  • 倉庫プランニング

    今日の倉庫は、従来の物流センターとはまったく異なります。綿密な物流戦略の策定は、安全な保管とスペース利用の最適化を両立し、成功をつかむ上で非常に重要です。ARを活用することで、相互コミュニケーションが可能な3Dデジタル表現を作成でき、倉庫のレイアウトを計画・実験する際に役立ちます。ARスマートグラスで修正案の全体的なビジュアルを視覚化することで、従来の計画や再設計の方法と比較して、時間とコストを大幅に節約できます。

リモート ビジネスの効率性とカーボン フットプリント削減を示す図

在庫最適化とは?

在庫最適化には、様々なSKU(在庫保管単位)において在庫に投じる運転資本とサービスレベルの目標を整合させる戦略的アプローチが求められます。目指すのは、需要と供給のバランスが取れるように在庫レベルを管理することです。これには、在庫レベル、補充スケジュール、注文数量などの重要な判断を行うための過去のデータ、市場トレンド、顧客行動の分析が含まれます。

在庫管理は、ビジネスサプライチェーンを円滑に機能させる上で重要な役割を果たします。適切な在庫管理で過剰在庫や在庫切れを回避しつつ、保有コストや物流コストを最小限に抑えることで、結果として受注処理率が高まり、顧客満足度と信頼の獲得、最終的には収益性の最大化につながります。

在庫最適化がビジネスの成功に不可欠な理由

在庫の最適化は、顧客満足を確保し、注文処理を合理化し、過剰在庫に関連するコストを最小限に抑えるため、ビジネスの成功にとって極めて重要です。さらに、効果的な在庫管理は、在庫レベルを監視し、正確な予測、計画、リソース割り当てを支援することで、サプライチェーン全体の回復力に貢献します。その結果、効率的なキャッシュフロー管理が可能になり、他の重要な事業活動にリソースを割くことができる。

顧客のニーズに応える

適切な在庫管理により、適切な商品の供給を実現でき、顧客満足度と信頼の向上につながります。

受注処理の拡大

管理が行き届いた在庫は業務のワークフローを効率化するため、注文処理の最適化につながります。

大幅なコスト削減

効果的に在庫管理を行うことで、在庫保有コストを最小限に抑えると同時に、在庫切れや販売機会の損失を回避できます。

サプライチェーンのレジリエンス向上

在庫管理で在庫レベルの監視や緊急時対応計画を実施し、混乱時の影響を最小限に抑えることで、サプライチェーンのレジリエンスに貢献します。

正確な予測と計画

正確な在庫管理を行うことで、情報に基づいた予測・計画・在庫配分の意思決定ができ、生産スケジュールの改善にもつながります。

キャッシュフロー管理を促進

過剰在庫をなくして在庫資本を最適化することで、その他の重要な事業活動に資本を回すなど、より効率的なキャッシュフロー管理を実現します。

倉庫管理およびロジスティクスでビジョンピッキングを使用して在庫を最適化する従業員

拡張現実

在庫管理の目覚ましい発展

ARでは、現実の環境にデジタル情報を重ね合わせ、従業員が倉庫データにシームレスにアクセスできるようにすることで倉庫作業 (リンク)を改善します。TeamViewerの産業用ARプラットフォーム「TeamViewer Frontline」は、在庫管理プロセスを最適化する最先端のARソリューションを提供しています。

ARはビデオゲームやオンライン小売業界ではすでに広く利用されていますが、倉庫管理やオペレーションの領域でも、「ビジョンピッキング」という形で徐々に普及してきています。そして、ARは様々な驚きの手法で、在庫管理に革命をもたらそうとしています。 

ヘルメットとスマート グラスを着用した女性のクローズアップ

在庫最適化のニーズに応えるソリューション、TeamViewer

FrontlineはARソリューションのシームレスな統合を提供する、TeamViewerの企業向け総合生産性プラットフォームです。 ウェアラブル端末向けに開発した最先端技術により、多種多様な業界(リンク)の手作業のプロセスを最適化します。

当社のソリューションは、デジタル化に対応した従業員とそうでない従業員の間に格差が残る世界において、現場の従業員がポテンシャルを最大限に発揮できるよう支援します。 

xPick:包括的な倉庫管理・在庫ソリューション

xPickは倉庫のベストプラクティスを組み合わせ、多くのメリットを提供します。品物の画像から情報を視覚的に表示し、さらに音声ガイドも提供します。Bluetooth接続によるスキャナーとスマートグラスの統合により、すべての作業の効率が向上します。身体装着型の技術を活用することで、ハンズフリーでの作業が可能に。バックエンドシステムと従業員がシームレスにデータをやり取りし、統合しやすいように事前設定を行ったインターフェースで関連情報のみを表示することで、ミスの可能性が軽減します。自然な音声コマンドによる直感的な操作で、シームレスに確認することができます。

さらに、xPickは倉庫データを分析し、ピッキングレポートへ、ユーザー管理、タスク割り当てのメインハブを提供します。マネージャーやスーパーバイザーは、KPIダッシュボードで生産性を簡単にモニターでき、取り込んだデータを分析することで、より良い意思決定と倉庫従業員の迅速なレスポンスにつながります。

さらに、xPickは様々なデバイスやシステムと互換性を有しているため、在庫のあらゆる部分を管理するための完全なソリューションとなります。

xPick が倉庫業務を効率化する方法とは

当社のビジョンピッキング ソリューションを倉庫へ導入するのは想像よりも簡単です。

Frontlineソリューションの主な機能

ARガイド付きワークフロー

ARガイド付きワークフローを活用することで、従業員は複雑な作業に取りかかる際に役立つステップごとの説明や、視覚的な合図を参照できます。この機能により、正確性が大幅に向上し、ミスの減少、全体的な生産性の向上につながります。ARはデジタル情報を現実の環境にシームレスに統合し、プロセス全体を通して作業者に貴重な情報を提供します。

拡張現実リモートアシスタント

TeamViewerでは、リモートの専門家と倉庫の従業員がARデバイスでつながることができます。この機能により、専門家は従業員の視点からリアルタイムの状況を確認でき、音声や視覚的なコメントを通じてアドバイスを提供することで、リモートで問題を解決できます。これには、移動コストの削減、効率の向上、ダウンタイムの最小化などのメリットがあります。

デジタル保守点検

TeamViewerのFrontlineソリューションにより、時間のかかる点検、サービス、メンテナンス作業により迅速に対応が可能。技術者や作業員は、設備、手順、完了したタスクの画像や動画をキャプチャし、同僚やリモートの専門家とすぐに共有できます。TeamViewerのソリューションは、スマートフォン、タブレット、スマートグラス、ウェアラブルなどの様々なデバイスに対応しています。

リアルタイムのデータアクセス

従業員はARデバイスを通して、在庫レベル、製品仕様、作業指示など、自分のタスクに関連するリアルタイムのデータや情報にアクセスできます。重要な情報にすぐにアクセスできることで、従業員は情報に基づいた意思決定を行い、ワークフローを最適化し、全体的な効率を向上させることができます。

カスタマーサクセス サムスンSDS

サムスンSDS、効率と精度を高めるためにフロントラインを活用

  • ピッキング速度が25~30%向上
  • 100%ハンズフリーのオーダーピッキング
  • ピッキング精度を高め、顧客満足度を向上
  • 職場の人間工学を改善し、従業員の満足度を向上

倉庫最適化に関するよくある質問

在庫と戦略を定期的に見直すことをお勧めします。多くの企業では、四半期ごとの見直しが適切です。毎月在庫を把握し、四半期ごとに戦略を見直して、必要であれば調整しましょう。

在庫管理を最適化することで、在庫レベルに関する重要なデータ得ることができ、需要パターンについての新しい発見や、(季節的な)トレンドの特定に役立ちます。これにより、より信頼性の高い正確な需要予測モデルのデータ収集が可能になります。

ARは、作業者に視覚的なガイダンスとリアルタイムの確認を提供し、ピッキングエラーのリスク低減に貢献します。ピッカーに正しい商品と保管場所を表示し、選択を確認、最適なルートで倉庫内を案内することで、より効率的なプロセスを実現します。在庫を同期させると、ピッキング工程にシームレスに統合できます。

基本的に、ピッカーにパレット上の残りの品目の有無を確認するよう、指示が表示されます。ピッカーは残りのアイテム数量の特定など、オプションでこのステータスをオン/オフにでき、在庫数を正確に維持できます。 

実績があります。当社に、お任せください!