機能のスポットライト – シングルサインオン (SSO)

SSO 認証で、自動的にセキュリティポリシーを適用します

ユーザーはすでに保有している会社の SSO 資格情報で TeamViewer Tensor にログインできます。未承認のリモートアクセスユーザーを防ぎ、SSO によってユーザーアカウントのプロビジョニングと無効化を一元的に行うことができます。

機能のスポットライト – シングルサインオン

本物の SSO サポートによるセキュリティポリシーの適用

アカウントのプロビジョニングを一元的に行い、ユーザーのログインを簡易化しながらも、未承認のユーザーによる TeamViewer へのアクセスを防ぎます。

TeamViewer Tensor は、Okta、Azure AD、OneLogin、Centrify、G Suite、Active Directory Federation Services (ADFS) などの SAML 2.0 および SCIM プロトコルを使用して、シングルサインオン (SSO) の ID プロバイダーと連携します。

TeamViewer Tensor : シングルサインオン

TeamViewer Tensor にシングルサインオンが搭載されました。IT 管理者は TeamViewer Tensor でリモートアクセスおよびサポートするエンタープライズユーザーのプロビジョニングを、よりコントロールできるようになります。SSO を搭載した TeamViewer Tensor は、ユーザーのアクセスを会社の電子メールのみに制限することで、未承認のユーザーが企業のリモートアクセスプラットフォームを使用することを防ぎます。

  • SSO ID サービスプロバイダーによってパスワードのコントロールを一元管理することで、IT 管理者はパスワード管理やパスワードリセットのリクエストから解放されます。
  • 会社のパスワードポリシー と ID 認証ルールを、認証済みのすべての TeamViewer Tensor ユーザーに自動的に適用します。
  • TeamViewer を介した不正なバックドアアクセスを心配することなく、効率的に従業員の離職を処理することができます。
  • 会社で利用しているアプリケーションと同じ SSO 資格情報で TeamViewer Tensor にログインできるようにすることで従業員のエンドユーザー体験を高めます。TeamViewer Tensor にログインするために別のパスワードを覚える必要はありません。

シングルサインオン

TeamViewer Management Console からドメインとメタデータ URL を追加して、シングルサインオンプロバイダーサービスに接続します。

シングルサインオンで接続されている検証済みドメインを確認します。

TeamViewer Tensor のシングルサインオンについてご覧になりますか ?

TeamViewer Tensor をシングルサインオンサービスプロバイダと連携することで、リモートアクセスのセキュリティを瞬時に向上させながらも、すべてのユーザーの操作性を向上させる方法を、無料デモをリクエストしてご確認ください。

さらにご希望ですか? お得な情報の最新ニュース:弊社ニュースレター!