TeamViewerにはVPNサービスが組み込まれており、デバイスに接続してファイルやプリンタを共有することができます。

VPNとは?

仮想プライベート・ネットワーク(VPN)は、インターネットなどのパブリック・ネットワークを利用して、イントラネットとそのリソースをシームレスに世界中に拡張する技術です。

これは、ホストとクライアントの間に安全なデータトンネルまたは仮想point-to-pointアクセスを作成することによって実現されます。接続が確立されると、システムは同じネットワークロケーションにあるものと同じセキュリティ、機能、管理ポリシーでデータを送受信します。

この記事は、Windows オペレーティングシステムと、 Business 、Premium 、CorporateTensor ライセンス所有者にのみ適用されます。

TeamViewer VPNの仕組み

TeamViewer VPNは、2台のコンピューター間の1対1の接続を実現します。TeamViewerは、TeamViewer接続(リモート接続として処理)を使用して、関係するTeamViewer IDに追加されるIPアドレスでVPNを確立します。

このVPNサービスは、例えばPrivate Internet Access (PIA)のような標準的なVPNとは異なります。

PIAのサービスはVLANのような役割を果たし、コンピューターは仮想プライベートネットワークに配置されるため、デバイスは同じネットワーク内にあると認識します。PIAはお客様の通信を受け取り、お客様が接続している国のサーバーから転送します。

VPNを機能させるには、VPNドライバーを双方にインストールする必要があります。VPNドライバーは、リモートコントロール接続中に起動するか、TeamViewer の設定から独自に起動することができます。

VPNドライバーのインストール方法

VPNドライバーをインストールするには、以下の手順に従ってください:

  1. 設定に進みます。
  2. 詳細設定をクリックします。
  3. 詳細設定を開くをクリックします。
  4. ネットワークの詳細設定までスクロールダウンし、 VPNドライバーのインストール セクションを見つけ、インストールをクリックします。
  5. TeamViewer が再起動します。OKをクリックして確認します。

デバイスにVPNドライバが正常にインストールされました。

📌注意: VPNドライバーをインストールするには、デバイスの管理者権限が必要です。

TeamViewer VPNの使用例

以下は、TeamViewer VPNが使用できるユースケースの例です:

  • リモートコンピュータに接続された有効なプリンタで文書を印刷
  • リモートデータベースサーバーへのVPN接続を設定することで、リモートデータベースにアクセスするアプリケーションをお使いのコンピュータでローカルに実行する(ホームオフィスの場合など)
  • リモートコンピュータに接続されたデバイス(ハードドライブや USB メモリなど)へのアクセスを外部の参加者に許可する

VPNダイアログボックスのオプション

VPN経由でリモートコンピュータに接続すると、このVPNTeamViewer ウィンドウ内で VPN-TeamViewer ダイアログボックスが開きます。

TeamViewer VPNを以下のオプションで設定します:

  • 複数のVPN接続が同時に存在する場合は、アクティブなVPN接続ドロップダウンリストから必要な接続を選択できます。この接続の詳細と使用可能な操作がダイアログボックスに表示されます。
  • 選択した接続を閉じるには、接続を閉じるボタンをクリックします。
  • ステータスエリアには、両方のコンピュータに割り当てられたVPN IPアドレスが表示されます。一度割り当てられたVPN IPアドレスは変更されません。転送されたデータ量も表示されます。
  • エクスプローラ経由でファイルを共有 ボタンをクリックすると、Windows エクスプローラが開き、リモートファイルシステムにアクセスできます。リモートコンピュータ上のフォルダがローカルネットワーク経由で共有されている場合、それらにアクセスし、必要に応じてファイルを削除、コピー、移動することができます。リモートコンピュータで認証を行う必要がある場合があります。
  • ping のテストボタンは、リモートコンピュータに ping 信号を送信します。これにより、接続が正常に確立されたかどうかを確認できます。

📌 注意:

  • TeamViewer を使用してパートナーのコンピュータを遠隔操作したり、ファイルを転送したりするのに、VPN接続は必要ありません。
  • TeamViewer VPN経由でローカルコンピュータとリモートコンピュータを接続すると、その2台のコンピュータだけが仮想プライベートネットワークでリンクされます。どちらのコンピュータからもLAN内の他のコンピュータにはアクセスできません。
  • TeamViewer VPNドライバがまだインストールされていない場合、メインTeamViewer ウィンドウ内にVPNオプションボタンは表示されません!

TeamViewer VPN のトラブルシューティング

TeamViewer VPNで問題が発生した場合、当社のテクニカルサポートは、推奨されるトラブルシューティングのリストを以下にまとめました。

⚠重要: 以下のトラブルシューティングの手順で問題が解決しない場合は、VPNドライバとオペレーティングシステムの間に互換性がない可能性があります。このような場合、TeamViewer サポートでは対応できませんのでご了承ください。

VPNドライバーの再インストール方法

💡 ヒント: 可能であれば、双方で接続の再インストールを行ってください。

以下の手順に従って再インストールを行ってください。

  1. 詳細 に進みます。
  2. 詳細設定をクリックします。
  3. 詳細設定を開くをクリックします。
  4. ネットワークの詳細設定 までスクロールダウンし、VPNドライバーのインストール を選択し、アンインストールをクリックします。
  5. 当社ウェブサイトから TeamViewer を ダウンロードし、インストールしてください。
  6. VPNドライバーをインストールし、再度接続をお試しください。

VPNドライバーを手動でインストールする方法

Windowsでは、ソフトウェアを使用せずにドライバーをインストールすることができます。これにより、TeamViewer VPN ドライバをインストールできます。

このために必要なファイルは、TeamViewer のインストールフォルダにあります:

C:\Program Files\TeamViewer\x64\TeamViewerVPN.inf

 

手動でインストールする場合は、以下の手順に従ってください:

  1. Windows-Key+ R を押し、hdwwiz.cplとしてください。
  2. ウィンドウをクリックし、Action (操作)➔ Add legacy hardware (レガシーハードウェアの追加)➔Next (次へ)をクリックします。
  3. リストから手動で選択したハードウェアをインストールする(詳細)を選択します。
  4. ネットワークアダプターを選択 ➔次へ
  5. Have Disk...をクリックします TeamViewerVPN.infを選択します ➔開くOK
  6. インストールが終了するまで次へをクリックします。
  7. もう一度VPN接続をお試しください。

TeamViewer にポート443を使用させる方法

上記の手順でうまくいかない場合は、以下のレジストリ・キーを作成して、TeamViewer がポート443を使用するようにしてください:

32ビット:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TeamViewer

64ビット:
 

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\TeamViewer

DWORDレジストリキーAllowedConnectionProtocols に値 4 を追加します。

その後、両方のコンピュータでservices.mscを使用してTeamViewer サービスを再起動し、接続を再試行してください。

🚨重要: TeamViewer の動作が遅くなるなどの望ましくない副作用を避けるため、このレジストリエントリはこの場合(またはTeamViewer サポートが推奨する場合)にのみ使用してください 。

テストPingのトラブルシューティング

テストpingがうまくいかない場合は、以下の手順に従ってください:

  • ファイルエクスプローラを開きます。
  • デバイスのアドレスバーに以下の文字列を入力し、123.123.123.123をダイアログボックスに表示されているIPアドレスに変更します。
  • \\123.123.123.123\c$
  • リモート側からC:ドライブが表示されれば、接続は成功です。