管理者向けの総合ガイドへようこそ。このガイドは、新しくマルチユーザーTeamViewerライセンス(Premium、Corporate、またはTensor)を取得したTeamViewerライセンス管理者を対象としています。このガイドでは、TeamViewer環境を最適に設定するための当社が推奨するベストプラクティスの概要を紹介します。このガイドでは、TeamViewer環境を最適に設定するための推奨ベストプラクティスの概要を紹介しています。TeamViewerの設定にはさまざまな方法がありますが、ここで説明する方法は、当社のプロフェッショナルサービスチームが収集したベストプラクティスを反映したものです。

プロフェッショナルサービスにご興味のある方は、https://compliance.teamviewer.com/ のドキュメントセクションで概要をご覧いただけます。

TeamViewerの展開と設定手順の概要

ステップ1:ライセンスを有効化して組織を設定する方法

TeamViewerソリューションとその機能に関する一般的な情報を以下に示します。

ご使用の環境でTeamViewerを導入および構成するには、ネットワークでTeamViewerのWebサイトおよびサービスが使用可能であることを確認してください。

詳しくは、TeamViewerが使用するネットワークアドレスとポートをご覧ください。 

注意: Tensor ライセンス所有者で、条件付きアクセス アドオンを購入した場合は、次の手順に従ってネットワーク環境を設定してください: 
条件付きアクセス環境でネットワークを構成するためのベストプラクティス

ライセンスの有効化は、 TeamViewer を円滑に使用するための重要なステップです。

以下のリンクをクリックし、お持ちのTeamViewerライセンスに準拠した有効化ガイドに従ってください:

注意:  業務時間中に他のTeamViewerバージョン(Business、Corporateなど)からライセンスを移行する場合は、業務の中断を避けるために、新しいライセンスをエージェントに迅速に再割り当てしてください。

アカウントを有効化後、TeamViewerアカウントの詳細については、こちらを参照してください: アカウント

Web appは、デバイス、ユーザー、企業プロファイルを管理するための新しい中央プラットフォームであり、基本的にすべての管理機能が含まれています。

また、Web appから発信接続を行うこともできます。

このリンクからWeb appにアクセスできます: 

アカウントにサインインする方法については、こちらを参照してください: アカウントでサインインする

(Classic) インターフェイスを使用している場合は、Management Consoleを使用してデバイスとユーザーを管理する必要があります。Management Consoleには、次のリンクからアクセスできます: https://login.teamviewer.com/

組織の作成方法については、こちらをご覧ください:

組織を作成する

ユーザー を管理する方法については 、以下を参照してください:

組織にユーザーを追加する

アイデンティティプロバイダー (IdP) のユーザーとユーザー グループを使用して組織を自動的にプロビジョニングする方法については、以下の章を参照してください:

コネクターによるユーザーとグループ(SCIM)のプロビジョニングの自動化

ステップ2: TeamViewerを安全に使用する方法

ご使用の環境でTeamViewerを安全に使用する方法については、こちらのベストプラクティスをご覧ください: 

セキュリティハンドブック

ユーザーの役割は、各サポーター(ユーザー)が表示、編集、および制御できるTeamViewer関連サービスを定義します。役割の作成方法については、以下を参照してください:

役割

ポリシーは、インストールされているTeamViewerフルクライアントまたはTeamViewer Hostsクライアントに設定を適用する機能を提供し、どの構成設定を特定のデバイスグループに適用するかをきめ細かく制御することができます。

TeamViewerポリシーを使用してセキュリティを向上させる方法については、こちらをご覧ください:

ポリシーの作成と割り当て

さらに、設定ポリシーのリストと各設定ポリシーの選択方法に関するベストプラクティスについては、こちらをご覧ください:

ポリシー設定

設定ポリシーのベストプラクティス

注意: TeamViewerポリシーは、 デバイス および デバイスグループに割り当てることができます。

TeamViewerポリシーの設定が完了したら、デバイスグループを作成し、TeamViewerポリシーをそれらのグループに割り当てることができます。 詳しくは、デバイス グループの作成方法をご覧ください。

デバイスグループの詳細については、こちらの記事を参照してください。

管理者設定で、組織内のユーザーおよび管理デバイスへの着信および発信接続を接続レポート内に記録することができます。

詳しくは、接続レポートをご覧ください。 

さらに、監査機能 (TeamViewer Tensorでのみ利用可能)を使用することもできます。この機能は、ユーザーアクティビティを可視化させ、リモートセッションを記録し、ユーザーポリシーを設定することで、説明責任とセキュリティプロトコルと内部要件への準拠を確保することもできます。

詳しくは、監査可能性/イベントログをご覧ください。 

注意: イベントログを表示する権限を持つサポーターには、 イベントログ の表示役割権限を追加する必要があります (デフォルトでは有効になっていません)。

TeamViewerの条件付きアクセスは、TeamViewer Tensorを使用している組織において、どのユーザー、ユーザーグループ、デバイスがどのTeamViewerクライアントにアクセスできるかをきめ細かく管理することができるセキュリティソリューションです。

詳細については、TeamViewerの条件付きアクセスをご覧ください。 

ステップ 3: 認証とプロビジョニング

シングルサインオンを使用して、TeamViewerをアイデンティティプロバイダーやユーザーディレクトリーと接続することにより、大企業のユーザー管理作業を削減します。これにより、企業ユーザーアカウントのプロビジョニングの制御を強化し、パスワード管理を一元化することによりセキュリティを向上させます。

詳しくは、シングルサインオン(SSO)をご覧ください。

注意:

  • シングルサインオンは、TeamViewer Tensorライセンスでのみ使用できます。
  • SSO ドメインを検証する前に、すべてのサポーター アカウントとグループが IdP SSO コネクターに追加されていることを確認します。エンドユーザーアカウントは、デバイスがデバイスグループ内で管理されるため、追加しないでください。
  • メールドメインで SSO を有効にすると、そのメール ドメインに関連付けられているすべてのアカウントは、企業プロファイルに属しているかどうかに関係なく、SSO にリダイレクトされます。必要に応じて、きめ細かな除外を適用できます(サポーターアカウントのみが追加されます)。

SCIM(System for Cross-domain Identity Management)を使用すると、OktaやMicrosoft Entra ID(旧Azure Active Directory)など、さまざまなIDプロバイダー(IdP)のユーザーとユーザーグループをTeamViewerに同期できます。

詳しい方法はこちらをご覧ください:

注意:

  • 「アカウントの削除」と「ユーザーの削除」の違いに注意してください。
  • IdP でユーザーグループを構造化して、自動化を容易にするために環境を反映するようにしてください。

TeamViewerアカウントへのサインイン時に多要素認証の使用をユーザーに要求することでセキュリティを強化し、不正アクセスのリスクを軽減します。

詳しくは、アカウントの 二要素認証をご覧ください。 

ヒント: また、TeamViewerにサインインするときに、組織の全ユーザーに二要素認証を適用することもできます。

詳しくは、企業メンバーに二要素認証を強制するをご覧ください。 

ステップ4:TeamViewerを環境に統合する方法

セッションコード による有人リモートサポートの提供

有人リモートサポートを提供する方法については、こちらをご覧ください。

有人リモートサポートの提供

さらに、待機案件機能を使用して、それぞれがサービスケースとして表される自発的なカスタマーサポートリクエストを管理し、個々のチームメンバーがTeamViewerを介してこれらのケースに対処できるようにすることができます。

詳細については、待機案件をご覧ください。

弊社のライセンスアドオンでTeamViewerをより快適にご利用いただけます。

リモート管理

TeamViewer Remote Managementを使い始める

エンドポイント保護

モニタリング & 資産管理(Classic)

資産管理

モバイル デバイス管理

サービスデスク

サービスデスクでサポートリクエスト管理を強化します。

詳しくは、サービスデスクをご覧ください。

ワークフローと自動化

ワークフローとプロセスを合理化するAI搭載の機能について紹介します。

詳しくはこちらをご覧ください:

ルールベースのタスク自動化 (監視アドオンが必要)

Session Insights を使用してセッションの概要を生成する

Co-browsing

co-browsingでサポートを提供

Co-browsingの有効化および設定

TeamViewer を Microsoft Teams エクスペリエンスに導入することで、 サポーターとエンド ユーザーのリモート コントロール、アシスタンス、デバイス共有、セッション監視が容易になります。

詳細については、「Microsoft Teams 統合 - インストールおよびユーザー ガイド」を参照してください。 

サポート対象となるプラットフォームの統合ユーザーガイドをご確認ください:

サードパーティとの統合

TeamViewerのWebベースのAPIは、データアクセス、アカウント制御、TeamViewerの機能を統合したアプリの開発を可能にします。

REST APIに関するすべてのドキュメントについては、以下を参照してください。

TeamViewer APIを使用する

TeamViewer APIドキュメント

GitHub - teamviewer/api-example-scripts: TeamViewer Web APIサンプルスクリプト

TeamViewer APIインターフェース

リモートアクセスAPI統合ガイド

TeamViewer モバイルソフトウェア開発キット(SDK)を使用すると、TeamViewerのリモートアクセスとリモートコントロール機能をモバイルアプリに統合して、会社のカスタマーサポートサービスを最適化できます。

詳細はこちら: TeamViewer モバイルソフトウェア開発キット (SDK)

ステップ5:TeamViewerを環境内に展開する方法

お使いの環境にTeamViewerクライアントを導入するには、このユーザーガイドに従ってください:

注意: ロールアウト設定を実行するユーザーは、デバイス管理者(所有者)として指定されます。デバイス管理者は、デバイスグループ間でのデバイスの移動やデバイスの割り当て解除などのタスクを含む、特定のデバイスに関連するすべての設定を構成する権限があります。この所有権は、割り当てプロセス中に確立されます (後で追加することもできます)。そのため、 複数のユーザーをデバイス管理者(所有者)として割り当てることをお勧めします。

TeamViewerクライアントは、Microsoft Endpoint Manager(InTune)、JAMF Pro、IBM Maas360などのMDMツールを介して大量導入することができます。

Microsoft Endpoint Manager (InTune)

Microsoft Endpoint Managerを介してデバイスグループにTeamViewerを展開する方法

Intune 統合 - インストールとユーザー ガイド

JAMF Pro

macOSで大量展開

TeamViewer 統合 - Jamf Pro Documentation 

GitHub - jamf/PPPC-Utility: Privacy Preferences Policy Control (PPPC) ユーティリティ

注意: デバイスがデバイスリストに表示されない場合は、TeamViewerクライアントがTeamViewerクラウドへの接続を確立する前に、スクリプトの割り当てコマンドが実行されたことが原因である可能性があります。この問題は、ファイアウォールがTeamViewerルーターへの送信トラフィックをブロックしている場合に発生する可能性があります。これに対処するには、一括展開 スクリプトの待機時間を追加または増やすことを検討してください。

TeamViewerモバイルデバイスサポートにより、モバイルデバイスに接続できます。

詳細については、こちらをご覧ください:

有人アクセスによるAndroidデバイスのリモートコントロール

無人アクセスによるAndroidデバイスのリモートコントロール

iPad/iPhoneで画面を共有する

モバイルデバイス管理ツールを使用してアプリを構成することもできます。

詳しくはこちらをご覧ください:

MDM を使用した Android アプリの構成

MDMを使用したiOSアプリの構成

サポートが必要ですか? サポートチームに問い合わせ

TeamViewerコミュニティに参加してください!

何千人ものTeamViewerユーザーが、ソリューション、ヒント、手順を共有し、毎日お互いに助け合っています。

TeamViewerは、システムの可用性に関する最新情報を提供するステータスページを保持しています。サービスが中断したり、その他の問題が発生する場合は、このページをご確認ください: TeamViewerステータス

カスタマーサポートに連絡するには、次のリンクをクリックしてください。

下にスクロールして メッセージを送信をクリックします 。

または、お住まいの地域に対応する番号にお電話いただくこともできます。

SLA契約

TeamViewer Tensor SLAは、世界中で事業を展開する大企業を念頭に置いて設計されいます。SLAの主な目的は2つあり、TeamViewer Tensorのお客様にサポートを提供することです:

  • 優先度が最も高い
  • 24時間

すでにSLA契約を結んでいる場合、SLA契約に記載されている担当者は、事前にご案内した専用サポートチャンネルでリクエストを送信することができます。

SLA契約に関する一般的な情報については、 こちらをクリックしてください。

SLA契約にご興味がございましたら、当社の営業チームにお問い合わせください。

カスタマーサクセスマネジメント

すでにCSMに加入している場合は、指定された連絡先から詳細をお問い合わせください。

CSMの採用をご希望の場合は、営業チームまでお問い合わせください。