TeamViewer (Classic)は、次のオペレーティングシステムでご利用いただけます。TeamViewer は、当社のウェブサイトからダウンロードすることができます。

旧バージョンのダウンロードをご希望の方はこちらの記事をご覧くださいませ。

以下に示すシステム要件は、リモート アクセスおよびサポート製品に適用されます。 例:TeamViewer、Remote (Work & Support)、TeamViewer Tensor

モニタリング、資産管理、エンドポイントプロテクションおよびバックアップの各機能を使用する場合は、システム要件に加えて、リモートマネジメントのサポート対象オペレーティングシステムが適用されます。

この記事では、すべてのTeamViewer (Classic)ユーザーに該当する内容を扱っています。

💡ヒント: TeamViewer (Classic)の古いバージョンを使用するには、TeamViewer ライセンスが必要です。無料ユーザーの皆様には、最新バージョンのTeamViewer Remoteをご利用いただくようお願いいたします。

Windows

Client versions ¹ Server versions² TeamViewer versions

Windows XP SP3 ²


Server 2003 ²

TeamViewer 11–14.2

Windows Vista ²

Server 2008 ²

TeamViewer 11–14.2

Windows 7

Server 2008 R2

TeamViewer 15.54–15.x

Windows 8.0

Server 2012

TeamViewer 15.54–15.x

Windows 8.1

Server 2012 R2

TeamViewer 15.54–15.x

Windows 10 RTM (1507)

-

TeamViewer 11–15.x

Windows 10 Anniversary Update (1607)

Server 2016

TeamViewer 11–15.x

Windows 10 Creators Update (1703)

-

TeamViewer 11–15.x

Windows 10 Fall Creators Update (1709)

-

TeamViewer 12–15.x

Windows 10 April 2018 Update (1803)

-

TeamViewer 13–15.x

Windows 10 October 2018 Update (1809)

-

TeamViewer 14–15.x

Windows 10 May 2019 Update (1903)

Server 2019

TeamViewer 14.5–15.x

Windows 10 November 2019 Update (1909)

-

TeamViewer 14.7–15.x

Windows 10 May 2020 Update (2004)

-

TeamViewer 15.8–15.x

Windows 10 October 2020 Update (20H2)

-

TeamViewer 15.11–15.x

Windows 10 May 2021 Update (21H1)

-

TeamViewer 15.18–15.x

Windows 10 October 2021 Update (21H2)

Server 2022

TeamViewer 15.22–15.x

Windows 10 October 2022 Update (22H2)

-

TeamViewer 15.34-15.x

Windows 11 (21H2)

-

TeamViewer 15.22–15.x

Windows 11 on ARM (on 32-bit x86 emulation) ³

-

TeamViewer 15.22-15.x

Windows 11 (22H2)

-

TeamViewer 15.34-15.x

Windows 11 (23H2)

-

TeamViewer 15.47-15.x

¹WindowsServerCoreのインストールはサポートされていません。

²InternetExplorer8.0以降が必要です。

³ 着信および発信接続のためのすべての機能: 唯一の例外は、VPN、リモートプリンタ、スマートカードサポートなどのWindowsドライバベースの機能です。

📌注意:

  • 上記のリストに記載がある通りWindows XP / Windows Visa / Windows Server 2003及びWindows server 2008でTeamViewer (Classic)を引き続きご利用して頂くことが可能となっております。しかしながら、これらの端末に対してTeamViewer (Classic)では更新やバグの修正を行っておりませんため、不具合が生じた場合、サポートが出来かねますことご了承くださいませ。詳細についてはこちらをご覧くださいませ。

macOS

Mac versions TeamViewer versions

Mac OS X 10.7 (Lion)

TeamViewer 11

OS X 10.8 (Mountain Lion)

TeamViewer 11–12

OS X 10.9 (Mavericks)

TeamViewer 11–12

OS X 10.10 (Yosemite)

TeamViewer 11–13

OS X 10.11 (El Capitan)

TeamViewer 11–15.2

macOS 10.12 (Sierra)

TeamViewer 11–15.2

macOS 10.13 (High Sierra)

TeamViewer 12–15.2

macOS 10.14 (Mojave)

TeamViewer 14–15.42

macOS 10.15 (Catalina)

TeamViewer 14.7–15.47

macOS 11.0 (Big Sur)

TeamViewer 15.12–15.x

macOS 12.0 (Monterey)

TeamViewer 15.23–15.x

macOS 13.0 (Ventura)

TeamViewer 15.35–15.x

macOS 14.0 (Sonoma)

TeamViewer 15.47–15.x

📌注意:

 

Linux

Linux versions TeamViewer versions

Debian 10

TeamViewer 14–15.x

Debian 11

TeamViewer 14–15.x

Debian 12

TeamViewer 15.44-15.x

Raspberry Pi OS

Teamviewer 15.22–15.x

Ubuntu 20.04 LTS

TeamViewer 14.7–15.x

Ubuntu 22.04 LTS

TeamViewer 15.26–15.x

Ubuntu 22.10

TeamViewer 15.37-15.x

Deepin 20

TeamViewer 14–15.x

Mint 20.x

TeamViewer 14.7–15.x

Mint 21.x

TeamViewer 15.38-15.x

Fedora 37

TeamViewer 15.37-15.x

Fedora 38

TeamViewer 15.44-15.x

Red Hat Enterprise 7.x

TeamViewer 11–15.x

Red Hat Enterprise 8.x

TeamViewer 14–15.x

CentOS 7.x

TeamViewer 11–15.x

CentOS 8.x

TeamViewer 14–15.x

CentOS Stream 8*

TeamViewer 15.44-15.x

CentOS Stream 9*

TeamViewer 15.44-15.x

SUSE Enterprise 12.x

TeamViewer 12–14

SUSE Enterprise 15.x

TeamViewer 14–15.x

openSUSE 15.x

TeamViewer 13–15.x

📌注意:TeamViewer (Classic)は他の多くのディストリビューションでも実行できますが、正式にはサポートを提供していません。

LinuxへのTeamViewer (Classic)のインストールの詳細は、こちらの記事を参照してください。

📌注意:CentOS Stream 8およびCentOS Stream 9について - これらのディストリビューションのローリングリリースモデルの関係上、TeamViewerが常に動作することを保証することはできません。

Android

📌注意: 個々のAPKインストーラーファイルは、サイドローディング用に当社のWebサイトからダウンロードすることもできます。

リモートコントロールの対応メーカー一覧はこちらをご覧ください。

iOSとiPadOS

Chrome OS

📌注意:AndroidアプリTeamViewer QuickSupportおよびHost は、2019年以降に発売されたすべてのChrome OS端末および、2019年より前に発売された一部のChrome OS端末でサポートされています。

2019年以前に発売されたChrome OS端末で、Androidアプリの実行に対応している端末の一覧は、 Googleのウェブサイトでご確認いただけます。

Androidアプリに対応していないChrome端末をお持ちの方は、TeamViewer Web Clientをご利用ください。

また、 QuickSupportおよびHost アプリはChrome OSの画面共有のみご利用いただけます。Chrome OSのフルリモートコントロールは、公式にはまだサポートされていませんことご了承くださいませ。 

ウェブサービス

TeamViewer をご利用いただくにあたり、最高水準の暗号化を提供するため、2020年10月にWebサービスからトランスポート層セキュリティ(TLS)バージョン1.0および1.1のサポートを終了いたします。こちらはマネージメントコンソールとWebベースのAPIが対象となります。

トランスポート層セキュリティは、Web上で暗号化された通信を提供するために使用されるプロトコルです。 2020年10月以降は、TLSバージョン1.2のみがサポートされます。

最新のブラウザーを使用していてAPIを使用していない場合は、特に設定や変更は不要です。現在のすべてのブラウザバージョンは、すでにTLS 1.2をサポートしています。

数年前のバージョンのブラウザを使用している場合は、最新バージョンに更新されることをお勧めします。

また、APIを使用してTeamViewer (Classic)機能を他のソリューションに統合する開発者は、HTTPクライアントがTLS 1.2をサポートしていることを確認してください。