Android用TeamViewer Hostアプリは、Androidデバイスのリモートコントロールを可能にし、近くに誰もいない場合でもデバイスへのアクセスを可能にします。

カスタムAndroid Hostアプリでは、企業ロゴ、カスタムカラー、カスタマイズテキストを追加など、多くの編集が可能です。カスタムAndroid Hostアプリを使用するデバイスは、インストール時に自動的に適切なグループに追加されます。

この記事は、CorporateライセンスまたはTensorライセンスを持つすべてのTeamViewerユーザーに適用されます。

カスタムAndroid Hostアプリを作成する方法

ライセンスアカウントでManagement Consoleにログインします。左側のカスタマイズ&配布をを選択し、上部の+ドロップダウンからAndroid Hostを選択します。

2. カスタムアプリの名前と、デバイスが属するグループを設定します。保存を選択して、作成を確定します。

設定リンクが表示されます。URLの右側にある鉛筆のアイコンをクリックすると、URLの拡張子をカスタマイズすることもできます。

カスタムAndroid Hostアプリのインストール方法

カスタムAndroid Hostアプリを作成したら、そのリンクを任意のユーザーと共有することができます。受け取ったユーザーは、リンクをクリックしてURLをブラウザに読み込みます。

TeamViewer Hostアプリがすでにインストールされている場合: モジュールを作成したアカウントへのデバイスの割り当てが自動的に行われ、割り当てが成功すると認証されます。

TeamViewer Hostアプリがまだインストールされていない場合: リンク先で、PlayストアからAndroid Hostアプリをダウンロードしてインストールするよう促されます。アプリをインストールしたら、設定リンクに戻り、再度開きます。モジュールを作成したアカウントへのデバイスの割り当てが自動的に行われ、割り当てに成功すると認証されます。